gin7147



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ コブラからの情報 ★プレアデス・プロテクション・プログラム★ ☆、。・:*:・゚`★

May 9, 2017

闇の勢力から、ライトワーカーやライトウォーリアへの攻撃が続いていますが、これはその攻撃を防ぐシールドとして、プレアデス・アライアンスというグループが紹介したものです。
プレアデス・アライアンスは、ライトワーカーやライトウォーリアを守る為に、現在、地球に来ているプレアデス星系の特別部隊です。

プレアデス・アライアンスのブログ真偽確認の為、このプログラムのことがコブラのブログに投稿されました。
そして、コブラは珍しくそれに対して次のように回答しました。

"Yes the Pleiadian protection program can help to a certain degree."

「ええ、プレアデス・プロテクション・プログラムは、ある程度役に立ちます。」
それを踏まえて、ライトワーカーやライトウォーリアの皆さんにこのプログラムをご紹介致します。

最初に、プログラム参加の意思表示を一度だけします。
後(あと)は考えるだけでシールドを発動できるので、他のプロテクション手法と組み合わせて利用して頂ければ幸いです。

なお、このプログラムは5/3に紹介され、5/8にアップグレードされました。
やり方自体は変わっていませんが、効果が大幅にパワーアップされた模様です。

【 プレアデス・プロテクション・プログラム 】

ライトワーカーやライトウォーリアをエネルギー攻撃、メンタル攻撃や、特に電磁波攻撃から守ってくれるシールドです。
但し、このシールドは時間と共に徐々に減衰していく為、何度も更新する必要があります。

更新の度に、シールドは少しだけ強くなり、有効時間も少しだけ延びていきます。
先ず最初に、このプログラムに入れてもらう為の意思表示から始めます。

1 : 自分だけでなく、他にもプログラムに入れてもらいたい人が居れば、そのリストをプレアデス・アライアンスに伝えて要請して下さい。
一度、プログラムに入れてもらうと、ずっと有効です。

2 : 後(あと)は、次の言葉を思い浮かべる度に、シールドは自動的に再起動されます。
「プレアデスのプロテクション・シールドを、今直ぐ起動して下さい!」

3 : このシールドが実際に何らかの攻撃から貴方を守ると、その有効期間は、その分だけ短縮されます。
従って、頻繁(ひんぱん)に攻撃されている人は、高い更新頻度が要求されます。
逆に、たまにしか攻撃を受けない人は、頻繁(ひんぱん)な更新は必要ありません。

4 : シールドの更新頻度には決まったルールはありませんが、一例として、次の更新方法をお薦めします。
就寝前と、起床直後に更新する。

ストレスの溜まり易い環境や状況下では、更新頻度を上げて下さい。
不快感を覚えたら、更新して下さい。

電磁波以外のエネルギー攻撃や、メンタル攻撃から守るには、多くの場合、本人の意識的なガードが要求されます。
言い換えれば、ガードする意識を持っていないと、シールドは効果的に働きません。

攻撃されていると感じたら、直ぐシールドを更新して下さい。

但し、攻撃を受けたからといって、精神的に取り乱してはいけません。
落ち着いて、シールドを起動して下さい。

プロテクション・シールドの更新を、マントラのように頭の中で繰り返せば、シールドの効果を確実に引き出せます。

【 ヒーリング・プログラム 】

プロテクション・プログラムを、補助する為のプログラムです。
シールドが外部からの攻撃を防ぐと、内部で受けた損傷を治療するように働き出します。

それを働かせる為には、常にポジティブな気持ちでいて、自分に正直で、誠実でいて下さい。
皆さんに光と、愛と、無限の祝福を!

【 5/8付きのプロテクション・プログラム更新 】

プログラムに、次の新しい効果が追加されました。
プロテクション・プログラムを更新して頂くだけで、これらの素晴らしい効果を受けることができます。

◎ インプラントの(悪い影響の)除去
◎ 闇の生命体の追放
◎ 内面奥深くのエネルギー・フィールドの浄化
◎ オーラの再生と強化
◎ チャクラの支柱の同調とバランシング
◎ エネルギーの流れの中にあるうねりや引っかかりの除去
◎ エネルギー治療(健康なエネルギーへの回復)
◎ 母なる地球の聖なるハートへのグラウンディング

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional