gin7136



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ バシャールからのメッセージ ★フォーカスする世界/神の視点で/共創/日々の貴方/昔から/私達の並行世界★ ..。o○☆*゚¨゚゚

April 26, 2017

新しい地球のスターシード達へ

【 フォーカスする世界 】

駅のメインのプラットフォームには、様々な並行世界行きの列車が発車したところです。
まだ列車同士が近いということもあって、お互いの姿を見ることができますし、交流も可能です。
でも、だからといって、隣の人と同じ行き先の列車に乗っているとは限りませんし、家族の中でも同等のことが言えるのだと、バシャールは話しています。

貴方がどの地球へ向かっているのか把握するには、貴方の信じる世界観を洗うことで把握できます。
例えば、シンプルにネガティブ地球へ向かっているのか、またはポジティブ地球へ向かっているのかを判断するには、貴方の普段の心の在り方で把握することができるのです。

前回でも話ししたように、貴方が繰り返し考えている世界、信じる世界、フォーカスする世界、興味を注ぐ世界、その世界が貴方の世界となってゆきます。
ですから、貴方が真に望む世界にのみ、意識を這わせておくことが大切となります。
そうすることで、波動の”道”を予(あらかじ)め作っておき、波動の世界に貴方の世界観を持っておきます。

でも、もちろん、望まない世界をチラッと覗いてみたいという気持ちがあるのであれば、それをしても構いませんとバシャールは話していますが、図書館の本のお話しのように、“本を借りて熟読し、自分の波動に取り込んだりしないこと”、これを踏まえておきましょうと、バシャールは話しています。

【 神の視点で 】

私達は今世において、神の領域の意識に目覚めつつあります。

神の領域の意識は、宇宙の意識である”ソース(源)”の意識であり、私達全てに”均等”に与えられた意識となります。
ですから、”神”は人を表しているのではなく、”意識”を表す言葉です。

仏陀やキリストは、この宇宙の意識を物質界で体現していった人達であって、自分自身を”神”として伝道して廻った訳ではありません。
彼らも私達と同様に、物質界でコントラストを体験して、自分の力で軸を戻していった人達なのです。
そして、神の意識を”ありのまま”体現したのが、現在の”神”と呼ばれる人達という訳なのです。

神からお叱りをもらうだとか、神から成敗を受けるだとか、天罰だとかは、皆、私達ヒトが作り出した”作り話”であると、バシャールは話しています。
100%ピュアでポジティブな神の領域の意識には、これらの波動は存在していません。

宇宙の創造エネルギーは、どんなことがあっても私達を全面サポートし、何を言おうが、しようが、”無条件の愛”でバックアップしてくれるのです。
神の意識は、私達それぞれが元々持っている意識です。

貴方は物質界に降り立ち、この神の意識から分離した”場”から、また新たな自分を発見すべく旅に出ています。
様々なコントラストを経て、貴方は自分の視点の”神の意識”に目覚めつつあります。

つまり、独特な貴方の視点で、”神の視点”を表現してゆきます。
それが、貴方のワクワクという訳なのです。

【 共創 】

貴方以外の他の人を、直接“変える”ことはできません。
たとえ、貴方の子供だろうと”選択の自由”は同等に与えられる権利であって、本人が納得して取り込まない限りは、何をしても浸透することはありません。

これを私達は、”共創”することと呼んでいます。
”共創”することとは、様々なカルチャーや立場を持つ人達と共存しながら、一緒に新しい世界、新しい価値、新しい視点を創り出してゆく存在を意味しています。

人に限らず、動植物も然(しか)り、バシャールや他の高次的存在も含まれているのです。
そして、銀河や他の銀河、他の宇宙のその全ての統合された存在が、”大いなる全て”という訳なのです。

この”大いなる全て”の意識に繋がる私達は、”ワンネス”という統一した同じ意識に繋がっています。
このワンネスが、神の領域の意識という訳なのです。

私達は皆、高い人間性を目指しています。
高い人間性とは、ワンネスに繋がる意識を持つ”存在”という意味です。

どこを切っても、誰も見ていなくても、”ありのまま”のピュアでポジティブな自分でいれること、つまり、演技でも嘘でもない、芯の髄まで”ありのまま”の、嘘のない自分でいることを意味しています。
そして、ここから貴方は、新しい自分仕様の世界を構築してゆくことになります。

その際に”必ず”、貴方以外の波動が表面化して来るので、その都度手放して、身軽になってゆきましょう。

貴方がいよいよ”ワンネス”の意識で行動できるようになると、周りがほっとくことはありません。
つまり、貴方の”輝き”を見逃すことができないほど、貴方の輝きは本物になります。

そして、この時の貴方は、”間接的”に他の人を”変える”きっかけを与えてあげています。
これが、”共創”することなのです。

【 日々の貴方 】

現在の地球では、様々な並行世界が入り混じって、大変混雑しています。

信じられない考えを主張する人や、今までとは全く質の違う出来事、右から左へ簡単に解決できない事柄、それらの困難の全ては、貴方が存在する”同じ”並行世界で起こっている訳ではないことを知って下さいと、バシャールは話しています。
ですから、貴方の望まない世界や心が共鳴しないことに対して、一切感情を入れない、興味を頂かない、そして、人と語り合って波動を加えるその代わりに、自分の”望み”にフォーカスしてゆきましょうと、バシャールは話しています。

私達は大まかなクラス替えを終えて、思い思いの世界へ移動中です。
しかし、周りの並行世界と波動関係の”ギャップ”が、今はまだ然程(さほど)見られないこともあって、他の世界に行き来して体験することができます。
しかし、果たして自分がどこの世界を軸に降り立っているのか、どうやって知ることができるのでしょうか。

貴方が降り立つであろう世界がどんな世界なのかは、それは”今ここ”の貴方の心の焦点、つまりは、貴方の心が共鳴すること、貴方が興味を注ぐ世界、貴方が信じる世界で造られてゆくのです。
鍵は”今ここ”の貴方です。

たとえ、大まかなクラス替えが終了していたとしても、貴方はまだ異なる世界へ移動が可能です。
テレビで流れる心ない事件、世界で起こる紛争や戦争、貴方が”見て、聞いて、感じること”の全ては、”今ここ”の貴方によって造られています。

そして、不快な気持ちでいる時に”同時”にハッピーでいることはできません。
どっち側のモードでいるのか、どっちの世界を選ぶのかは、日々の貴方の心の在り方が大いに関係して来ることを意味しています。

【 昔から 】

500万年前~、アヌンナキが地球に降り立ち、その当時存在していた猿人/ホモ·レクトスに遺伝子操作を施し、現在の私達ができ上がっています。

人が出来上がった最初の目的は、”労働力の確保”であったとバシャールは話しています。
そして、サバイバル·モード(生存競争)の遺伝子は、この時に組み込まれていったという訳なのです。

当時の遺伝子操作なしで、自然に進化を遂げた存在が、今でいう”ビッグフッド”と呼ばれる存在です。
つまり、アヌンナキによる遺伝子操作が行われていなかったら、私達は皆”ビッグフッド”として存在していたことになります。

現在の私達とは、全く”接点”が見られないように見えますが、”元”は同じとこから枝分かれしていった存在です。
またビッグフッドは、次元と次元を行ったり来たりすることができるだけでなく、宇宙(自然)とバランスの取れた、調和的な関係を保つことができています。

現在、地球上にたくさんの宗教が存在しています。
そのほとんどが、神を崇(あが)めるカタチを取っています。

この”外”に神を持つ、外に力を託すというコンセプトは、アヌンナキが仕掛けたテクニックの一つであったと、バシャールは話しています。
つまり、アヌンナキを神として奉られることを敢えて許し、そのコンセプトを利用して、コントロールし易くしていったという訳なのです。

ですから、現在の”ピラミッド社会”は、この時代から始まっている、非常に歴史の長いコンセプトという訳なのです。

【 私達の並行世界 】

ディスクロージャーの後、私達は高次的存在との正式なる面会計画に向けて、初めて”公的に計画が進められてゆくことになります。
その最初の交流が開始されることになっている文明が、ヤイエル文明です。

彼らは、私達と”見た目”的にもそっくりな存在であり、遺伝子的にも”隣同士”的な存在となります。
交流が開始される際、ヤイエル文明によって私達が築いて来た文明の他、”失われた”歴史が明るみにされてゆくことになります。

レムリア文明やアトランティス文明の他にも、まだまだ複数の文明が存在していたのですが、それらの存在も含めた地球の始まり、人類の始まりが明かされてゆくことになります。
つまり、今まで存在していた教材の”全て”を書き直してゆかなくてはならないほど、全く異なる歴史が語られるようになることを意味しているのです。

しかし、実際に今の現実を見ていると、果たしてディスクロージャーを経て、宇宙へ飛び出す機会がやって来るのか疑問に感じてしまうかも知れません。
しかし、バシャールは、次のように答えています。

少しずつ、地球外生命体の可能性が浮き彫りにされている中、現時点において、ディスクロージャーはいつ起こってもおかしくない状況です。
貴方達が、こうして私達(エササニ文明)の教えに耳を傾けるその事実だけで、私達との交流が、既に開始されていることを意味しているのです。

ですから、貴方達が存在する並行世界は、バシャールも含めたヤイエル文明や、他の高次的存在との実際の面会が起こる世界へ降り立っているという訳なのです。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional