gin7114



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ コズミック・ディスクロージャー ★アポロ計画の秘密 シーズン 7 エピソード 14★ ☆。・:*:・゚`★

April 4, 2017

◎ David Wilcock : さぁ、『コズミック・ディスクロージャー』へようこそ。

司会の、ディビッド・ウィルコックです。
コーリー・グッドをお迎えして、お送り致します。

今回は、フリーメイソン関連の話題を、ウィリアム・トムキンズが語った場面から始めたいと思います。

【 フリーメイソンとの関連 】

▲ William Tompkins : 私がダグラスの秘密シンクタンクで働いていたのは、聞いただろ?
そのことを知っていたのは、ダグラス社のエンジニアリング部門の副部長と、クレンペラー博士の二人だけだ。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

プログラムに入っていた海軍将校や、他のトップ高官との打ち合わせだったり、社内で作ったデザインの検討などで、大勢の人が参加したミーティングだったり、大抵の場合、答えが出ないまま、行き詰まってしまう。
そうなると、答えを出したのはいつも私だった。

エンジニアリングの副部長は、いつもこう言って課題を私に投げて来た。
「ビル、全部おまえに任せた。ここの一員だってことを忘れて、好きなようにやれ。」と全てを任せてくれたのだ。

そういうことは、何百回もあった。
他にも様々な人から、同じように。

親父は、33階級のフリーメイソンだったとだけは言っておこう。

伯父のハーディングはサンタモニカ病院の主任外科医で、お金持ちで、大きな邸宅を持っていて、有り金を使ってピラミッド内部を掘って、象形文字を解読しようとした。
そんなことをしてた訳。

彼の家族に、伯母と3人の娘が居た。
私達は彼の家で、一年近く居候した。

そこで、何があったと思う?

その家の暖炉近くに、椅子があった。
幅は150cm近くある木製の椅子で、表面は象形文字で埋め尽くされていた。

それは、ツタンカーメン王の椅子だという人もいた。
そう言われるといい気分になるが、確かに王様の椅子だった。

どうやってあの国(エジプト)から運び出したのか知らないが、色んなものを運び出しては、アメリカ国内の超一流研究者に届けたのさ。
伯父のハーディングは、何者だろうか?

彼も、33階級のフリーメイソンだったんだ。
一つだけ言えるのは、私達の知らないこと、知らされていないことがたくさんあるってことだ。

◎ David : いきなり、誰もが彼を部外者扱いしたって言いましたね。
誰も答えられないような厄介(やっかい)な問題に対して、彼が答えを思いついたのは、彼の著書を読めば分かると思いますが、どうやら彼は、何らかのテレパシーで凄い知恵を手に入れたようです。

このような地球外血統、或いは地球外意識は実際にあるものですか?
それが、トムキンズに当て嵌(は)まっているのでしょうか。

★ Corey Goode : 色んな可能性があります。
彼が話していたノルディックとかの、ETのソウルグループから生まれ変わって来たかも知れませんね。

◎ David : なるほど。

★ Corey : 或いは、意識的か、無意識的か、彼らとテレパシーで交信している可能性もあります。

◎ David : それは、彼の本の中でも説明されています……

★ Corey : そうですか。

◎ David : ノルディックとの意識的な交信です。

★ Corey : 私も、それを体験しています。

◎ David : 伯父のハーディングが33階級のフリーメイソンで、サンタモニカ病院のトップで、余裕資金を全て注ぎ込んでピラミッドの遺物を略奪したということだが、本当ですかね。
(エジプト)政府は、そういう遺物の規制や流出を、非常に厳しく管理していたはずですが。

★ Corey : あの頃は、そうでもなかったですよ。

◎ David : そうなんですね。

★ Corey : 「考古学」は、かなり流行っていました。
彼らはそれを考古学というけど、実際は遺跡の発掘現場をズタズタに引き裂いて、装飾品や宝石を略奪してその場で売ったり、持ち帰って博物館に売ったりしていました。

◎ David : となれば、その象形文字で埋め尽くされた椅子という凄い遺物が、個人宅に置いてあっても不思議ではないのですね。

★ Corey : 当然です。
貴重な遺物を収集した大規模な個人コレクションが、いくつもあります。

◎ David : 何故、フリーメイソンは、こういうものに興味を示したのでしょうか。

★ Corey : 知らない人が多いかも知れませんが、民間人の宇宙プログラムに関わる為には、フリーメイソンになる必要があります。
フリーメイソンは「知識の番人」と呼ばれており、彼らは教わった様々な古代の教えを暗記する必要があります。

暗記すべき内容は、半端ではないのです。
教義や秘密を守れる人間として信用されれば、更に多くのことを教えてもらえます。

◎ David : なるほど。

★ Corey : メンバーは、管理された組織の一員です。

◎ David : 知らない人の為に聞いておきますが、フリーメイソンの会員になって、秘密を口外したら、どんな罰が待っているのですか?

★ Corey : 死です。

◎ David : つまり、秘密を任される為の信用を得るには、厳しい通過儀式があるのですね。

★ Corey : とにかく、厳しいです。

◎ David : 父親と伯父が33階級のフリーメイソンと言いながら、自分はETかも知れないと彼は言いました。
どういうことですか。

★ Corey : こういう秘密結社の多くは自分達の血筋を遡(さかのぼ)っていって、何千年も前に地球を訪れた地球外存在に辿り着くのです。

彼らにとって、血筋を辿れるかどうかが大事なことです。
血筋を辿る時、その歴史も解明されて、様々な情報が手に入ります。

彼の伯父は、明らかにかなりの情報を手に入れました。
答えを求める為に、富を注ぎ込むまでに駆り立てられたのでしょう。

◎ David : では、次の映像を見てみましょう。
ここでは、フリーメイソンについて更なる情報が出て来ますが、想像持つかないような、面白い内容です。

【 アポロ計画の真実 】

▲ William Tompkins : 私は、ダグラス社のエンジニアリング部門のチーフとして、アポロ計画に関わることになった。

部下には、173人のエンジニア・デザイナー・科学者が居て、内11人は博士号を持っていた。

画像の説明

要するに、彼らは、私の提案を実行に移すのだ。

地球上最高のエンジニア集団で、一流の頭脳だよ。
そこで、私は月へ行く為の、全く新しいNASA計画を作り上げた。
今までのNASA計画を破棄して、全く新しい計画を作ったのだ。

その案を、エンジニアリング部門の首脳陣に提出した。
彼らは、それをマーケティング部門に回して、更にマーケティング部門から製造部門へ回した。

そうしたら、製造部門は、私をクビにするように求めたのだ。
何故なら、製造部門は製造したいのだ。

彼らは、エンジニアリングに全く興味がないのだ。
でも、私がクビにならなかった。
計画通りに実行するように、任されたのだ。

でも、マーケティング部門は従ってくれなかったので、エンジニアリング部門の副部長はこう言った。
「こっそりやろう。俺達だけで。」

そうやって私は計画を纏(まと)めて、新しいNASAの宇宙管制センターとなる2メートル四方のモデルを作った。
壁にスクリーンを付けて、階段状座席も配置して、まるで大きな映画館みたいだった。

画像の説明

そのモデルと全書類を、真新しいDC-7に積み込んで、レッドストーン兵器廠(へいきしょう)のあるアラバマ州マディソン郡へ飛んだ。
そこは、ドイツ・ナチスとNASAの秘密の宇宙開発基地だ。

画像の説明

画像の説明

三つ揃いのスーツを着て、空港からトラックをレンタルした。
トラックに訳の分からないギアがあるけど、触りもしなかった。
私は持っていた箱をトラックに積み込んで、運転して秘密基地に向かった。

面白いことに、レッドストーン兵器廠(へいきしょう)のトップへの紹介状を、私の秘書が書いてくれたが、彼女はその紹介状の出番はないだろうと言ったのだ。

基地に近づくと、彼女はテレパシーで「ビリー、心配しなくていいよ。ゲートは自動的に開いてくれるから」と伝えて来た。
私がゲートに近づくと、ゲートが本当に開いてくれた。

ゲート前の片側に広大な場所があって、荷物を積んだ数十のトラックや、自動車が通過許可を得る為の検査手続きを受けていた。
私は、開いたゲートをそのまま通って、中に入った。

トラックを運転しながら、自力でフォン・ブラウンの執務室を探した。
そして、漸(ようや)く、基地の中にある管制塔についた。

建物の前に居た4人の警備員は、持っていたライフルを扉の近くに置いて降りて来た。
彼らは、巨大な台車を運んで、階段から降りて来たのだ。

台車に車輪が4つ付いていて、階段から降ろすと、台車を私のトラックの前に押して来た。
トラックの荷台の木製格子を降ろして、私の管制センターモデルを台車に乗せた。

どこから、あんなでっかい台車を持って来たのだろう。
彼らは台車を押して、いくつかの部屋を通ってエレベーターのある廊下に入った。

他に3基のエレベーターがあるが、彼らは中央のエレベーターに台車を押し込んだ。
そのエレベーターのドアも、巨大だった。

私は、資料が一杯積み込まれたカバンを持って、彼らの後に追いて行った。

最上階で、エレベーターのドアが開いた。
彼らは一言も喋らずに、台車をロビーに押し込んだ。
そして、ロビーの先の自動ドアに向かった。

入った所は、広い会議室だった。
片側にフォン・ブラウンの部下達で、もう片側にはディベス博士(Dr. Kurt H. Debus)の部下が居た。

画像の説明

彼らは、会議室の中に台車を止めて、台車の上の箱を開けた。
箱の中の管制センターモデルは、柔らかい青い布に包まれていた。

彼らは、会議室の中に青い布を広げて、その上にモデルを置いた。
4人の警備員は台車を外に出して、ステップを踏んで敬礼して下へ降りて行った。

ここまで、私は一言も話さなかった。

この施設に入って来たのに、証明書何一つ要らなかった。
誰とも話さなかったのに、彼らは私のことを知っていた。

ディベスの秘書は、ディベス博士も、フォン・ブラウン博士も、直ぐやって来ると言ってくれた。

やがて、ディベスが、彼の部屋から出て来て私に自己紹介をした。
フォン・ブラウンも、彼の部屋から出て来て自己紹介してくれた。

会議室のピカピカのテーブルの上に、青い布に包まれたモデルが置かれた。
私は、自己紹介した。

「私は、ウィリアム・トムキンズだ。ダグラスからやって来た。アポロ計画で、月に行く為の変更を提案しに来た。」

誰も、私を止めなかった。
フォン・ブラウンの部下の何人かは、入って来て彼のデスクの後ろに座った。

ディベスの部下も、彼の隣に座った。
秘書達も座った。

私は、自分の計画について語り始めた。
私は覆(おお)っていた布を取って、皆さんがご存じの複合施設39、打ち上げ管制システムを披露した。

フォン・ブラウンが最上段に座っていて、エンジニアなどがスクリーンを見つめるシーンを、皆さんもテレビで見ただろ?

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

そうやって、私は自分の管制センターモデルを見せて、提案を約40分間に亘(わた)って語ったのだ。

その後、フォン・ブラウンは私と握手して、「一緒にやろう」と言ってくれた。
ディベスも私の手を握ってから、手を私の肩に回した。

更に、施設内のNASA幹部のところへ連れて行ってくれて、私を天才のように褒め称えたのだ。

◎ David : 彼はここでも、非常に貴重な歴史的な証言を聞かせてくれました。
人類を月に連れて行ってくれたアポロ計画で、注目されて愛されたシーンで登場した宇宙管制センターを、彼は複合施設39と呼んで設計したそうです。

製造部門との確執の話も。
何故、彼は製造部門の反発を買ったのでしょうか。

製造部門は、製造にしか興味がないのですか?
あの様子だと、彼は製造部門とエンジニアリング部門に、盥回し(たらいまわし)されていたようですが。

★ Corey : 今、取り組んでいる仕事から引き離されるのを嫌うエンジニアは、多いです。
特別プロジェクトによる長時間束縛も、彼らは望んでいません。

そういうのを押しつけられて、不愉快に思ったのでしょう。
しかも、所属する中核グループ以外の人間に従うのも嫌でしょうし。

エンジニアは、現状維持をしたいものです。
大がかりな再編成が起きると、仕事への影響が大きいからです。

◎ David : 彼が「製造部門」と呼んだ人達は、エンジニアなんですか?
特定分野の、専門家なんですか?

★ Corey : ええ。

製造部門に居るのは、エンジニアとほぼ同等の能力を持つ技術者です。
技術者は、エンジニアの設計したものを実際に作るのです。

◎ David : 彼が言うように、機密度の高い軍事施設で、特定の人物が標準のセキュリティ・チェックを素通りできるような状況って、有り得るのですか?

★ Corey : 極めて、稀(まれ)な場合はあります。
1940年代に、核兵器の搬送でも、似たようなことがありました。

正面ゲートだけでなく、側面ゲートを通る場合もあります。
守衛は事前に「この搬送車は大体この時刻にやって来るので、通るように合図しろ」と通告されます。

◎ David : 以前、彼は、ドイツのV2ロケットや核攻撃能力の開発について話しましたが、フォン・ブラウンはドイツ人なので、その同じドイツのミサイル技術が、そのままアポロ計画の開発に持ち込まれたのでしょうか。

★ Corey : ええ。
ただ、彼らが既に開発していたのはV2ではなく、多段式CBM(大陸間弾道ミサイル)でした。

◎ David : 本当に?

★ Corey : ブラウンは、既に多段式に多大な時間を注ぎ込んでいたので、ノウハウを持っていました。

◎ David : 次の映像では、彼はアポロ計画の着陸場面について、非常に面白いことを聞かせてくれます。
着陸場所にあったのは、岩だらけで何もない乾燥した大地だけではなかったのです。

【 小さな一歩 】

▲ William Tompkins : アポロ計画の第一段階は、月に行って、月の岩石を手に入れて、写真を撮って戻って来ることだよね?

画像の説明

実際に、月へ行った。
(着陸予定クレーターの)縁に、宇宙船の群れがあったのだ。
しかも、月に向かう途中で、その内の一隻に、軌道から押し出されそうになったよ。

宇宙管制センターとの間に、こんな会話があったのだが、皆さんは聞いていなかっただろう。
「あの野郎、もう少しでぶつけられそうだったよ!」

ロケットの、直ぐ外だよ。
それで、月に着いて、数周してから、既にそこにあったものを撮影して、着陸予定地に直行した。

そうしたら、巨大な宇宙船の群れが現れたのだ。

画像の説明

彼奴(あいつ)らは、着陸予定地のクレーターの縁に陣取ったのだ。

何てこった!
でも、任務遂行の為に、仕方なく着陸した。

そうしたら、そいつがこう言ったのだ。
「どうぞ、岩をもっと拾って来ていいよ。任務があるだろ? やりたいことは後(あと)二つ、三つやってもいいよ。でも、二度と戻って来るな。以上だ。」

◎ David : 何が、起きたのでしょうか。
トムキンズは、目撃者の立場で話をしているが、関係者として状況を説明して欲しいです。

★ Corey : アポロ計画のクルー達が着陸した場所は、レプティリアンにとって、都合の悪い場所でした。
だから、彼らは基地から出て来て、クレーターの縁に陣取りました。

◎ David : 「彼ら」って、レプティリアンが出て来たのですか?

★ Corey : レプティリアンが、いくつもの宇宙船に乗って出て来て、脅(おど)したのです。

◎ David : なるほど。

★ Corey : 宇宙飛行士が岩石を集めて、実験をいくつかやって、軌道を離れた時、その宇宙船の一隻が彼らを護衛しました。

◎ David : 「サンプルを取ったら出て行け。二度と戻って来るな。」と彼奴(あいつ)に言われたそうですが、「彼奴(あいつ)」って誰のことですか?
「彼奴(あいつ)」って宇宙管制センターのことですか?
それとも、ET?

★ Corey : それは明らかに、ETの一人だったでしょう。

レプティリアンかどうかは分かりませんが、そこから出て行ったら、二度と戻って来るなと言われたのでしょう。
ノルディックの可能性も、十分あります。

◎ David : でも、アポロの着陸映像で皆さんが見たように、アームストロング船長は、実に楽しそうにあの名言を残したのですよ。
「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である」ってね。

このような暴露にあまり馴染んでいない視聴者の方は、今、さぞ心理学で言う認知的不協和状態に陥っているのではないのでしょうか。

★ Corey : その時は、楽しそうだったかも知れませんね。

でも、暫(しばら)く経つと、自分の居るクレーターの周りに巨大な宇宙船が囲んでいて脅(おど)している状況に気付いたのでしょう。
そうなれば、声の調子も少しは変わりそうです。

◎ David : こんな荒唐無稽(こうとうむけい)なことは有り得ないと、疑い深い人はたくさんいそうです。
「それが本当なら、宇宙飛行士は黙っていないはず。私達が知らない訳がない。映像に残っていただろうし、誰かが漏らしたり、どっかに機密が漏れるはずだ」というでしょう。

それには、どう答えますか?

★ Corey : その為に、記憶消去処理があるのです。
宇宙飛行士が任務のことを全く覚えていないか、僅(わず)かにしか覚えていないという話は、よく聞きますよ。

つまり、彼らの多くは、記憶を操作されたのです。

◎ David : 有名なジーン・ヒューストン女史の夫であるボブ・マスターズは、実際に月探査任務後のエドガー・ミッチェルに対して、40時間もかけて催眠術をかけました。
でも、エドガー・ミッチェルは月面に居た時のことは、何一つ思い出せませんでした。

エドガー・ミッチェルの身に起きたのは、そういうことでしたか?

★ Corey : まさに、そういうことだと思います。

◎ David : それでも疑い深い人は、「だって、月着陸の動画はライブで送られて来たのだよ」といって、宇宙船が見えないのではないか? と反論して来たら?

★ Corey : 映像の遅延は、最低でも2分はあります。
しかも、一般市民には聞かせたくないことを話す為のメディカル・チャンネルがあります。

◎ David : 言い換えれば、もし、ドイツナチスの科学者達は、秘密を守るように誓わせられ、NASAを作るように連れて来られたのなら、彼らは最初から見せたくないものを知っていて、私達が、確実に彼らが見せたい現実だけを見るように、仕掛けておくことができますね。
そう思いませんか?

★ Corey : そう思います。

◎ David : 次の映像では、コーリーも関わったことがあったが、太陽系内で営利企業として実際に運用されている秘密宇宙プログラムのビジネス・モデルの開発に、トムキンズが中枢的な役割を担っていたことが示唆されています。

【 惑星間複合企業体 】

▲ William Tompkins : フォン・ブラウンのアポロ計画に参加して計画そのものを変えたことで、ある金曜日に、私はダグラス社から解雇を言い渡された。

そうしたら、土曜の夜に秘書から電話がかかって来た。
「ビリー、ディベス博士と話をした。LAX(ロサンゼルス国際空港)に行って、ノースアメリカン社(NAA)の事務所の誰々博士と話をするようにって。」

画像の説明

そこで私は、ディベス博士に電話した。
彼は、ノースアメリカン社に話をつけてくれて、関連会社のロケットダイン社で先端宇宙技術、宇宙船や推進システムのプログラムで職を確保してくれた。

画像の説明

画像の説明

彼らは、皆さんご存知のあの巨大なスペースシャトルを作っている会社で、私はその顧問になった訳だ。

ダグラス社から荷物を、ノースアメリカン社に運び込んだ。
そこで、私は惑星採掘用の商用宇宙船を作る為、大凡の計画を作成した。

それで太陽系に出て行って、周りの惑星から、特定の鉱物を採掘するような学習をやらせたのだ。
目指す先は、非軍用の私的大企業と共に、銀河に出て行って、他の星系の惑星でビジネスと商用活動を行うことだ。
もちろん、採鉱だけでなく、実質なんでも、商業、交易なども。

画像の説明

2003年に、彼らは二箇所の施設を持っていた。
一つは火星で、もう一つは最も近い星系の惑星だ。

彼らは、鉱業を商業活動として営んでいるのだ。
昔からロケット・エンジンやスペース・シャトルを作っていたこのロサンゼルスのノースアメリカン社が、今は、鉱業をやっているのだ。

要するに彼らは私の構想を取り入れて、それを商業活動に活かしたのだ。
国が、昔からやりたかったことを。

彼らは時間や人力を投入して、商業活動として成功を収めた。
何を言いたいかというと、今、地球上の25か28の企業が、銀河で商業活動を行っているのだ。

◎ David : 興味深い話ですね。
ドイツ側は分かりませんが、少なくとも西側では、宇宙進出をレプティリアンの侵略軍としてではなく、商業や産業としての鉱業開発に初めて取り組んだ一人が、トムキンズということになるかも知れませんね。

★ Corey : ドイツ・ナチス側は、既に軍事面での利用としてドラコと共に戦っていましたが、アメリカの海軍や米政府の一部は、ドイツの宇宙艦隊への対抗勢力として開発を進めていました。
要するに、ドイツ側がドラコのお供をしているように、アメリカ側はノルディックと共に行動して、ドラコと戦うはずでした。

◎ David : それまで、彼のアイデアのように、実際に利益を生み出すビジネスとして有力であることを、誰も考えつかなかったのでしょうか。
だから、彼がこのような歴史的な役割を担うことになったのですか?

★ Corey : 彼らがその技術を開発した時から、既にその軍事的や商業的な利用法を研究する為のシンクタンクを、色々立ち上げました。
恐らく、トムキンズはその内の一つだと思います。

◎ David : 確かに関わっていた企業は、23~28業態と言いましたね。

★ Corey : 企業です。

◎ David : 太陽系内外で工業生産に関わっている地球企業のこの数字は、どう思いますか?

★ Corey : 実際は、それよりかなり多いです。

その数字は、恐らく惑星間企業複合体ができた時の、中核企業数だと思います。
このプログラム内で、初めてビジネスを行った企業です。

◎ David : もう一つ、2003年に採鉱施設が二箇所あって、一つは火星で、もう一つは最も近い星系にあるとも言っていました。
貴方がこの番組で話した内容と比べると、かなり少ないように思います。

★ Corey : 実際に、人類が宇宙でやっていることと比べると、規模はかなり小さいです。
火星に限らず、小惑星帯や、様々な惑星で、採鉱も行われています。

◎ David : 太陽系外では、このような商業生産拠点は、どのくらいありますか?

★ Corey : かなりの数があります。
大抵はドラコが支配している地域で、採鉱を許してもらっています。

私達は、同じ局部星団内の別星系へ採鉱しに行ったこともありましたが、住民に追い返されました。

◎ David : きっと、暴力を使って奪おうとしたのでしょう。
そんな気がします。

★ Corey : まあね、レプティリアンと共同行動している地球人は、宇宙では問題を起こしているから、評判はよろしくないのです。

◎ David : そうですね。
今回も、歴史を振り返って、実に興味深い一面を垣間見ることができました。

戦後の軍需複合体の最高機密プログラムを、初期から関わっていたウィリアム・トムキンズは、まさに真のアメリカの英雄だと思います。
彼のお陰で、私達は点と点を繋ぐきっかけを与えられました。

綺麗に紡ぎ上げられたこの真実は、いつか一般事実として認知され、地球の生活に激変をもたらし、私達の知っている銀河知識を様変わりさせるでしょう。

特別ゲストのウィリアム・トムキンズ、そして、コーリー・グッドと共にお送りしました。
司会のデービッドウィルコックでした。

ご覧頂いたのはコズミック・ディスクロージャーでした。
ご視聴ありがとうございました。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional