gin7100



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ バシャールからのメッセージ ★今ここで/分離する世界/新しいフィルム/始まり/感謝の波動/一体化★ ..。o○☆*゚¨゚゚

April 3, 2017

新しい地球のスターシード達へ

【 今ここで 】

物質界で目覚めれば目覚める程、空間と時間の関係は柔らかくブレンドされてゆくようになります。

すると、シンクロが増えて来るようになったりと、マジカルな体験を頻繁(ひんぱん)にするようになります。
つまり、今までピタリと閉じた空間に新しい波動が入り込む隙間ができるので、貴方の”変化”に沿った波動が自由にやって来ることができるようになるという訳なのです。

例えば、過去の記憶や未来にこうなって欲しいなという想いは、”今ここ”で造られています。
つまり、異なる視点の”今ここ”の波動が、過去や未来という訳なのです。

そして、何でも箱に入れて整頓したがる私達は、様々な呼び名を付けて、それらの波動を管理しています。
また、貴方が磁石塔となって様々な波動を引っ張っていますが、過去を後悔して、未来を心配して、”今ここ”がお留守になっていると、”今ここ”に集合する波動を察知することができません。

察知できないという意味は、灯台下(もと)暗しのように、探している場所が検討違いだという状況を表しています。
つまり、“有る”のに見つけられないのは、“有る”場所を見つけ切れていないことにあります。

貴方の中に新しい波動の入る隙間があれば、そこに新しい波動がどんどん流れ込んでゆきます。
それは、上から下へと水が流れるように、”流れ易い”場所にエネルギーは流れる性質があるからです。

物質界に目覚め、新しい”可能性”を受け取ってみましょうと、バシャールは話しています。
新しい可能性もまた、”今ここ”の貴方が創ってゆき、”今ここ”の貴方のみが得ることができます。
つまり、”今ここ”にのみ、貴方は存在していることを意味しています。

【 分離する世界 】

バシャールも然(しか)り、私達は皆、物質界の夢を見ています。

私達の一部分は非物質界に存在していますが、そんな風に全く見えないのも物質界の特徴であると、バシャールは話しています。
つまり、私達の一番ナチュラルな状態が、非物質界にフォーカスするもう一人の貴方であって、今世で私達は、やっと物質界の長い夢から醒めることになるという訳なのです。

非物質界にフォーカスするもう一人の貴方は、絶対に非物質界から出て行くことはありません。
ずっとこの波動域からコンスタントに、”今ここ”の貴方に指示を出しています。

たとえ、貴方が泣いて騒いで助けを呼んだとしても、100%聞こえていますが、そこの波動域からわざわざ飛び出して貴方に会いに行くことはありません。
ですから、物質界にフォーカスする貴方が、自分の波動を調整して非物質界にフォーカスするもう一人の貴方と、交流を持たなくてはいけません。

誰も貴方の為に波動を上げ下げしたり、要らない波動を消去してくれはしません。
気づきを得るのも、他の誰でもない貴方本人が行うことなのです。

それと同じように、4次元密度に誰かが連れて行ってくれる訳ではないことを理解して下さいと、バシャールは話しています。
貴方自身が自分の波動を調律して、高次元仕様にしてゆく必要があるのです。

たくさんの並行世界が分離し、一つ一つの世界に”開き”が出始め、やがては各々の世界が形成されてゆきます。

貴方が、どの世界で生きたいのか。
どういった世界で”目覚め”たいのかを、イメージしてゆきましょう!

【 新しいフィルム 】

現在の波動域において、”八方塞がり”は有り得ない現象だということを理解して下さいと、バシャールは話しています。
何故ならば、物凄いスピードで並行世界を移動し、その都度”真っ新(まっさら)”で、”真新しい”フィルムの上に立っているからなのです。
つまり、1分前の出来事も、10分後の貴方も、全く”決定されていない”状態なので、”今ここ”の貴方が好きなように選んで進んでゆくことができるのです。

しかし、私達のほとんどは、クヨクヨと同じことをグルグル煮詰めて考えがちです。
中々手放すことができず、いつもクタクタになるまで持ち続けてしまいます。
そして、”真新しいフィルム”があるのに、また同じ現実を読み込んで書き出し、また同じ現実を取り込んで書き出しを繰り返して、あたかも”八方塞がり”のように感じてしまうという訳なのです。

毎瞬、貴方が並行移動する度に、真新しいフィルムの上に立っているのに関わらず、それでも同じ状況を呼び込んでしまう理由の一つに、貴方の”想い”の強さがあります。
つまり、波動に勢いがあって、その”想い”を中々手放すことができません。

そういう時は、”塊(かたまり)”となった波動を少しずつ溶かしてゆく作業が必要となります。
”塊(かたまり)”を溶かしてくには、状況を大まかに捉える → 大まかにポジティブに捉える、から始めます。

この波動が浸透すると、硬くなっていた”塊(かたまり)”がユルユルに解けるようになり、新しい波動の入る隙間がどんどん作られてゆくようになるという訳なのです。

【 始まり 】

”大いなる全て”が表現するその表現法の一つが、”貴方そのもの”であることを知って下さいと、バシャールは話しています。
つまり、私達一人一人の持つ”独自の視点”で表現することこそが、”大いなる全て”と直結した表現方法なのです。

直結した表現方法とは、”ありのまま”の貴方でいることを意味しています。
そして、”ありのまま”の貴方で表現する人達が統合して団結し、オーケストラのハーモニーのように一つの大きなトーンで奏でるようになる頃、地球文明は銀河ファミリーの一員になることができます。

もちろん、皆のワクワクが統合するまで様々なことが起こらなければならないのだと、バシャールは話しています。
その一つに、ディスクロージャーがあります。

前回にもお話ししたように、ある程度私達の意識が高まらない限りは、ディスクロージャーは成立しません。
だからこそ、JFKの暗殺事件の際、”今ここ”のバージョンの私達は、異なる並行世界へと移動したのです。

”大いなる全て”から分離した社会から、”大いなる全て”と連動した社会が、いよいよ私達の手によって創り出されてゆくようになります。
それぞれの私達が、それぞれのワクワクを持ち寄り、ワクワクの波動が地球上を駆け巡るようになります。

2017年は、数術でいう”始まり”の年です。
つまり、今年から統合された波動が更に統合されてゆくようになり、分離された波動は更に分離されてゆきます。
そして、統合と分離の二つの波動同士がどんどん距離を離してゆくようになり、何(いず)れは、二つの波動が行き交うこともできなくなってゆきます。

【 感謝の波動 】

過去も未来も、”今ここ”の貴方が作っています。
ですから、過去も未来と同じように、”何も設定されていない未定の状態”で、貴方の側に存在しています。

時間と空間の概念を敢えて持つことで、私達は新たな視点で、新たな自分のエッセンスを再発見して取り込み、過去と未来を含んだ新しい自分を、一緒に作り出していることを意味しています。
望む人生を作り出すには、”今ここ”にフォーカスすることが最大の鍵となります。

覚えておいて下さい。
”今ここ”にフォーカスすることとは、感謝の波動でいることです。
感謝の波動でいるということは、愛を受け取る”準備体制”が整っているよという意味を表しているのです。

メビウスの輪で説明すると、右の輪に過去、左の輪を未来とします。
すると、真ん中の部分に貴方が存在しています。
ここが、ニュートラルの”0”ポイントです。

この中心部分に居る貴方の”基本”が変わることはありませんし、貴方の本質が変わることもありません。
ただ、視点や捉え方が”今ここ”で変化するので、自動的に右の輪と左の輪にも”変化”が起こるという訳なのです。

変化が起こると、貴方は異なる切り口からデータを収集するようになるので、全く違った体験が引き寄せられて来るという訳なのです。

【 一体化 】

私達は、常にハイヤーマインドからデータを受信しています。

ハイヤーマインドは、100%ピュアな”波動”を送り、私達がそれらを取り込んでいます。
ですから、私達は常にハイヤーマインドをチャネリングして、データを受け取っているのです。

そして、そのデータを受け取る際に、私達の物質的脳が関わっています。
つまり、物質的脳が受け取ったピュアなデータを分析して通訳する時、私達の信念(フィルター)を利用して通訳されてゆくことを意味しています。

実際にハイヤーマインドは、私達の物質的脳と心臓の両方に、同時にデータを流しているのだとバシャールは話しています。

100%ピュアの波動は、心臓で受け取ってもデータは”そのまま”ピュアに保たれています。
そして、心臓で受け取ったピュアなデータを、今度は物質的脳めがけて流してゆきます。
すると、物質的脳は、さっきほどハイヤーマインドから直接送られて来たデータと心臓で受け取ったデータを”融合”させて、思念や考えや想いを誕生させています。

ここで理解して欲しいことは、物質的脳でデータを受け取る際には心臓から送られて来るデータも、ハイヤーマインドから直接受け取るデータも、必ず信念(フィルター)を通ってやって来るということです。
そして、フィルターされたデータが私達のチャクラポイントから放出され、物質化へと発展してゆきます。

このように、せっかくのピュアな波動が信念によって埃(ほこり)だらけになってしまわないよう、貴方の信念をポジティブに戻してあげる必要があるのです。

でも、一つ一つを洗い流して分析すると、気の遠くなる時間が必要です。
ですから、一番最適な方法が、ワクワクを追いかけることとなのです。

ワクワクは自動的に埃(ほこり)を浮き立たせて、手放すきっかけを作ってくれます。

また貴方のワクワクは、物質的脳の信念(フィルター)そのものを”上書き”するパワーがあります。
つまり、ワクワク自体が信念と一体化、またはそのものとなって動き出してくれるからです。

だからこそ、ワクワクを追いかけてワクワクそのものになりましょうと、バシャールは話しているのです。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional