gin7085



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ マシュー君のメッセージ ★世界の状況、惑星と個人のアセンションの位置★ ..。o◎☆*゚¨゚゚

March 6, 2017

マシューです。
この宇宙領域に居る全ての魂達から、心からのご挨拶をします。

貴方達の世界のあらゆるものが、言わば、政権交替の前触れをしています。
あからさまに、そして、ひっそりと、たくさんの場所での活動が、数千年に亘(わた)って地球を閉じ込めて来た要因から、急速に彼女を解放しています。

そして、波動エネルギーが上昇するに連れ、思想とイデオロギーの分極化は、極地の氷のように消えていくでしょう。
そして、何(いず)れ、世界中の心が一つになるでしょう。

地球人類の運命は、自然と調和して自由に、平和に、豊かに、喜びを持って生きることです。
地球の黄金時代をリニアル(線形)時間の中で、社会に創造する助けをする為に故郷を去っていった全ての魂達に、僕達は敬意を表します。
その素晴らしい世界は、既にコンティニュウム(時空連続体)では壮大に花開いています。

これまでの数ヶ月、僕達は世界の出来事についての貴方達の関心事を取り上げ、喜んで答えて来ましたが、貴方達の進化の旅に気づきと導きを与えるという僕達のメッセージの主な目的を、やって来ませんでした。

僕の母に寄せられる多くのメールには、アセンションについての誤った考えからの質問やコメントがあります。
これは、今、目覚めている魂だけでなく、スピリチュアルな情報に詳しい人達にも混乱をもたらしています。

アセンションは、正しい認識が必要です。
書いて来た方々への答えとして、先ず最近のこのメールから始めたいと思います。

“私の知り合いが、アセンションの出来事がもう直ぐ始まるという、チャネラーからのメッセージを読んだと言いました。どうしてマシューは、そのことについて、またそれにどう準備すべきか言ってくれないのですか?”

その情報元が何の出来事のことを言っているのか分からないので、僕達の見えるところからのアセンションについて話しましょう。
先ず、惑星のものと個人的なものの2種類がありますが、最初のものから始めましょう。

約80年前、現在地球と呼ばれている惑星として肉体化したガイアが、助けを求める叫びをあげた時、強力な文明社会からの光が注入されたことで、著しく弱まっていたこの惑星が安定し、それが宇宙空間に漂い、間違いなく破壊に至るのを防いだのと同時に、深い第三密度を振りほどいて、自由になって、ゆっくりと上昇し始めることができました。
それが、惑星アセンションの位置的な意味での始まりです。

ちょっと話が逸(そ)れますが、混乱している点の一つと思えることについて話しましょう。

次元と密度は、両方ともアセンションという文脈の中で使われているのですが、これは区別なく使われている従来の意味とは異なり、このプロセスの異なる段階や側面という意味として考えられます。

更に付け加えると、密度は、より科学的に正確な用語です。
何故なら、アセンションはエネルギーのことであり、それは言わば、箱とか土地の一画といった、何かの大きさを表すのに使われる尺度で測ることはできません。

さて、地球は2012年12月に、第四密度の入り口を越えました。
そして、アセンションし続け、やがてはより高い第五密度に確実に入っていくでしょう。

そこは、彼女が生まれた場所なのです。
けれども、この惑星が第三密度の深みに落ち込んで、そこにずっと閉じ込められていた数千年の間に、魂の進化位置では、ガイアは第五密度にずっと留まっていたのです。

これは個人的なアセンション……魂のスピリチュアルと意識レベルでの気づき、或いは進化の成長……のことに繋がっています。
これもまたプロセスであって、全ての人々に同じように、また同時に影響を与える事柄ではありません。

地球が遭遇しているエネルギーの高まりは、彼女の人類にとって恩恵になる幸運な出来事であることは確かです。
でも、そのような強力なエネルギーの急激な高まりが、あらゆる性格や行動を強めています。

人々が、それぞれ個人のポジティブ、或いはネガティブな気持ちに従って反応している一方で、この惑星は更に高いアストラル領域へと確実にアセンションを続けています。

個人的なアセンションが始まった時期については、約80年前に地球の命を救った莫大な量の光を、全ての地球の住民達は受け取ることができました。
ですから、今回は、その光を受け取ることができた人々に、それがその時始まったと言えます。
今回と言ったのは、進化の前進であるアセンションは、あらゆる転生での全ての魂達の目的だからです。

全ての魂は、それぞれ固有の振動数、或いはエネルギー・ストリーマー(流れ)を持っています。
それは、その人の付加(アタッチメント)……考え、感情、自由意志による行為……によって、それぞれの運命の中でたくさんの成長段階に方向づけられます。

“たくさん“を、“無限”の段階に変えてみましょう……魂は、非常に多くの第三密度の転生の間に後退することもあるからです。
本来の道に戻る為に、必要な全ての経験を得るチャンスが持てるので、比べると、他の魂達は第三密度から第四密度へと実に駆け足で移行するのです。

アセンションについての混乱の主な原因は、数かも知れません。
この宇宙の密度には数がありませんし、魂にもありません。

僕達が数を使っているのは、地球の位置やその進捗状況と、人類の進化状態を示す為だけです。
そして、後者の数は、地球の位置数が同じままでも、大きく変わることがあります。

現実は、この宇宙は純粋なエネルギーが流れていて、そこには低い密度の“最後の”ストリーマー(流れ)と、次の高い密度の“最初の”ストリーマーとの間には何の境界もなく、それらの波動速度は極めて近いので、いくつものストリーマーが混ざってあります。
地球が既に第四密度の最低領域の軌道を取り始めていたのにも関わらず、2012年12月21日や、それに続く日々に貴方達が劇的な変化を感じなかったのは、それが理由です。

また、惑星地球がどこにあっても、個人的なアセンションは起きます。
地球が第三密度の深みにはまっていた長い時代にあっても、何人かの魂達……神の特別なメッセンジャー、他の特使と預言者達……は、彼らの光に満ちた転生の間にアセンションしています。

では、アセンションに、どう準備したらいいのでしょう?
それは神性な生き方をする、或いは神が言ったように“優しくある”だけでいいのです。

“地球が目的地に到達するまで、後(あと)何年かかるのでしょう?”
もし、決まった答えがあるとしても、僕達には分かりません。

地球が、次々とより軽いエネルギー領域に入るに従って、貴方達は時間がどんどん速くなっていくように感じるでしょう。
そして、ある時点で、時間のない、“距離のない”コンティニュウム(時空連続体)の中に居ることに気づくでしょう。

愛する兄弟姉妹達、今の時点では、宇宙に存在する全ては一連の同時に起きているもの、という暮らしを想像することは欲求不満をもたらすだけです。
貴方達は魂のレベルで、その暮らしを知っています。
貴方達がリニアル(線形)時間で言う“時間のない”状態になれば、また再びコンティニュウムの中に生きることを、はっきりと意識して歓喜することでしょう。

“私達とガイアが、第四次元を通って第五次元を経験するまで移行するのに、どのくらい時間がかかるのでしょうか? このことについて、私達が第五次元に入り始めるのが、2032年だと書いてある本を見つけました。”

ガイアという魂が、第五密度を離れたことは決してありません。
それは、彼女の惑星体だけのことです。

また、地球が第四密度を通って移行するのにどのくらい掛かるか、僕達には言えません。
何故なら、コンティニュウムでは“今”であることを、リニアル時間で正確に予測することはできないからです。

そして、惑星と個人とのアセンションには、大きな違いがあります。
自分をライトワーカーだと思っていてもいなくても、ほとんどのライトワーカー達は、意識とスピリチュアルなレベルで中位から高位の、場合によっては更に高い第四密度にいます。

その人達は、地球人類の気づきを助ける為に、最も進化した世界から来た魂達です。
だからといって、ボランティアの貴方達が、人間の持っている幅広い感情を全て免除される訳ではありません。

また、悲しみ、失望、絶望といったストレスの多い感情を伴う出来事によって、貴方達のステータス(立場)が損なわれることはありません。
自己の課題と世界の混乱を超えて、一時的にアセンションできる人は、第五密度の恩恵と重い肉体の密度の感覚から離れた、軽い感覚を束の間に経験します。

2032年という年月についてですが、地球のアセンションの旅の……或いは貴方達の旅の……どのような段階にしても、それと結びつけて年月を特定するようなことを、僕達は敢えてしません。
それは前述のように、変化するエネルギー領域を、リニアルな時間枠に入れることが難しいからです。

“アルマゲドン/アポカリプス/世界の終焉は、私達の未来ではないと、宗教的な狂信者の家族達に、どう信じてもらえるでしょうか? アセンションになった時に、彼らが取り残されて欲しくありません。”

アセンションのプロセスについてこれまで話して来たので、それを繰り返す必要はないでしょう。
宗教などの信仰システムについて、自分の意見と合わないものには全て心を閉ざしてしまう、愛する人を持つ人達全てに対して、これは僕達のアドバイスです。

関心を示す人達には、貴方達の考えやアイデアを分かち合って下さい。
でも、受け取る心の用意がない人達を説得して、貴方達と同じように信じさせようとしないで下さい。

あらゆる魂達には、居心地の良いペースで気づきへ進む権利があります。
もし、それがこの転生で達成できなくても、次の転生でできるでしょう……“取り残される”魂などありません……そして、信念が違っても、魂を再び結びつける愛の絆は変わりません。

お母さん、貴方の長いリストにある残りの項目は個人的なアセンションについてで、そのいくつかは同じものですね。
その全てに答えるので、もうタイプする必要はありません。

では、地球の文明社会の進化位置から始めましょう。

そのスペクトラムの最低位置にある人達は、まだ深い第三密度にあり、その最高位置にある人達は、第五密度の最初のエネルギーストリーマーに近づきつつあります。
大多数の人達の位置は、中程から高い第三密度か低い第四密度にあり、第三密度に深く嵌(は)まっている比較的少数の人達からは、遥かに前進しています。
波動エネルギーが上昇し続けるに従って、進化の前進は全人口でより速く、より明白になっていくでしょう。

アセンションは、肉体的な寿命とは何の関わりがありません。
それは、その人の転生での決定と行為が、どのくらい魂の合意に忠実に従っているかということが全てです。

いいえ。
アセンションは、その人がそれを知っていることを必要としません。

何百万の人々は、自分がそうしていることを知らずに、進化しています。
もし、その人達が地球に居る間に、自分達の共感、直感の開発、思慮深さ、思いやりをアセンションと結びつけなくても、ニルヴァーナに一旦入れば、全て理解するでしょう。

アセンションは肉体を持った転生で起こることであり、最後に一挙に起こるものではありません。
進化の後退も同じです……“魂が救われる死に際の改宗”と言ったものはありませんが、その人の転生全体のエネルギーに見合ったニルヴァーナの場所に入るということでは、その肉体の最後の日々や時間に、その人がすることは全て“認められ”ます。

霊界に移行することは、“自動的なアセンション”ではありません。
地球の霊界での暮らしは、自由意志が支配する肉体転生のようなものです。

ニルヴァーナには、広範囲の興味深いアクティビティと素晴らしい旅行があるので、そのような娯楽に浸ってしまい、その領域の素晴らしい学びの機会を見過ごしてしまう魂達もいます。
そのような暮らしを選ぶことに、何の価値判断はありませんが、次の肉体転生の準備をあまりしない魂達は、賢く準備する魂達のような、その転生でアセンションするチャンスがありません。

アセンションは、肉体を持って地球を離れ、より高い密度の惑星に生きることではありません。
それは魂の合意で選んだ転生を、地球と一緒に旅をすることです。
二つの地球がある……人々がアセンションして愛と平和に暮らす“新しい“地球と、そうできない人々が暴力、腐敗、欲の中に留まるという”古い“地球……というのは誤った考えです。

読者の質問からの意味では、アセンションには“終了時”はありません。
でも、違う意味ではあります。

貴方達は、魂を持った人ではありません。
貴方達は、肉体を持った一つの転生を経験している、永遠の魂です。

肉体を持つことの一つ一つ……貴方達が知っていることからはあまりにもかけ離れているので、想像もつかないような様々な形、文明、世界に何千、何百万もあるのです……が、魂のレベルでは知っていることを思い出すことである、スピリチュアルと意識レベルの気づきでの可能な成長をもたらします。

貴方達は、この宇宙の崇高な存在のエネルギーの分身であり、この宇宙全体の全てのものと密接に繋がっています。
それが完全に思い出される時、貴方達はいつでも、そして、永遠に、崇高な存在である集合意識の一部分であることを理解するでしょう。
でも、それが貴方達の旅の終わりではありません……最終的な目的地は、貴方達の宇宙の始まり、創造主の純粋なる愛と光のエネルギー、全知全能のワンネスです。

愛するファミリー、貴方達が進化するに従って、魂レベルの知識と生命そのものを再発見することが、更に複雑で分かり難くなるように見えるかも知れません。
それは逆なのです……あらゆるものが、よりシンプルで明確になります。

複雑さと混乱は、貴方達が、今、居るところにあります。
それらは、貴方達の思考、感情、決定の創造物です。

今は、貴方達が楽しく自信を持って、光を地球のあらゆるものに送り続けるように、比類ない愛のパワーが貴方達を導くようにしましょう。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional