gin7069



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ バシャールからのメッセージ ★幸せへの道/ナチュラル/イメージトレーニング/自分のトーン/アップデートの道★ ..。o○☆*゚¨゚゚

March 10, 2017

新しい地球のスターシード達へ

【 ”統合”形成 】

これから先、私達と一緒に住むことになっているハイブリッド達は、今でも地球上空から私達の文化を学んでいます。
しかし、どんなに人の遺伝子を譲り受けていたとしても、やはり地球の文化は彼らにとって、とても”ユニーク”です。

食べ方一つとっても、ある食材は手で食べても良いけど、これは絶対にスプーンでといった具合に作法もよく分かりません。
また何をしたら”行儀悪い”行為になったり、シチュエーションによって”失礼”に値するフレーズなど、非常に混乱することばかりであると、バシャールは話しています。

それでも、地球の文化を熟知している優秀なハイブリッド達もいます。
そういうハイブリッド達は、”一時的”に地球で生活する”許可”が降りるのだと、バシャールは話しています。

彼らはアパートやマンションを借りたりして、地球人の日常生活に溶け込みながら、私達のカルチャーを学んでいます。
ご近所の人達は、”あれ?ちょっと面白い雰囲気だな”という感じで、違和感を察知できる人もいますが、そうではない人の方がほとんどかも知れません。

何(いず)れにせよ、彼らは私達と一緒に住む日の為に準備を進めていますが、彼らには彼らの大切にしたいカルチャーがあります。
それを”持ちながら”、バランス良い文化を一緒に”統合”形成してゆくようになるでしょう。

【 ナチュラル 】

ワクワクを追いかけると、自然に波動が上昇します。
波動が上昇すると、様々な問題が解決できるようになります。

理解力が高まり、異なる”視点”で物事を柔軟に捉えることができるようになり、アイデアやインスピレーションがバンバン発生し、”無条件の愛”の波動を”無条件”に受け取めることができるようになります。
そうなると、喧嘩やクレームする気分にもならなくなり、そういうシチュエーションにもならなくなります。

そして、更なるワクワクを呼び寄せるようになるのです。
更なるワクワクは、更なる波動上昇を招いてゆくので、結果的に貴方の”全て”にアップデートが加わるようになります。
このように、たとえ、たった一つのワクワクでも貴方の全てを上げてくれる力があります。

人間関係に始まり、仕事や学業、健康や美容、あらゆるシチュエーションに改善が見られるようになります。
そして、文字どおり新しく生まれ変わった貴方は、興味の対象にも変化が見られるようになるので、引き寄せる現実も変わって来るという訳なのです。
つまり、貴方のワクワクは、新しい貴方を創り出す為の、“前進”するエネルギーという訳なのです。

新しい貴方にアップデートさせてくれる”前進エネルギー”を、絶対に止めることはできません。
もちろん、貴方が抵抗して”前進”することを拒絶するのであれば、可能です。

でも、貴方はそもそも、常に”変化”する動きある存在なので、一時的に”流れ”に乗らずに寄り道したとしても、何(いず)れは前進ネルギーを掴んで流れてゆきます。
これが、貴方のナチュラルな姿という訳なのです。

ですから、一般的な平均に自分を嵌(は)め込んで、周りから“浮かないよう”不自然な自分になるのではなく、ナチュラルな自分をできるだけ表現できるようになりましょうと、バシャールは話しています。
それが一番抵抗波動の少ない、調和状態であり、流れに乗ったまさに”自然な”在り方という訳なのです。

【 イメージトレーニング 】

イメージトレーニングは、空想の一種で、集中力を高めたり、自信をつけたり、技術を定着させたりと、身体を動かすことなく、運動動作を学習する方法を表しています。

しかし、イメージトレーニング中だということを”わざと”忘れて、非常に鮮明で具体的な空想を続けていると、それは立派な体験へと繋がります。
アドレナリンが出て来て、まるで試合中のような体験ができることもあります。

自分の成功をイメージトレーニングしていると、嬉しさとやる気が湧いて来ます。
つまり、イメージトレーニングは、貴方の心の在り方をプラスに変えてくれるパワフルなツールということが言えるのです。

また、本当に起こっているように気持ちでイメージトレーニングすると、大体60%〜70%分の体験情報をイメージトレーニングで得ることができるのだと、バシャールは話しています。
つまり、実際に起こった出来事が100%だとすると、その70%分をイメージトレーニングで体験可能であるという訳なのです。

それだけイメージトレーニングは、心に直接働きかける、とてもパワフルなツールなのです。
またイメージトレーニングが、何故、こんなにパワフルなのかというと、貴方のピュアな”想い”に寄り添った”自由な発想”だからです。

貴方の望みとポジティブな想いがたくさん散りばめられているので、濃度の濃い貴方のエッセンスで出来上がっています。
そして、他の誰かの感情や思考回路が混入していない貴方だけの想いだから、抵抗波動のないスムーズな波動だからなのです。

【 自分のトーン 】

全てはエネルギーであり波動であり、トーンでできています。

それらのエネルギーは、たった一つのクオリティである、”無条件の愛”の波動でできているのです。
つまり、このエネルギーこそが、この世を創造するソース·エネルギーであり、私達一人一人に流れる”基(もと)”となるソース·エネルギーという訳なのです。

このエネルギーをフルに活用するには、”今ここ”にフォーカスすることが最大条件となります。
何故かというと、”今ここのみ”に全てが集結しているからなのです。

目に見えないし、触ることもできない言葉や文字にも、同じように”波動”が宿っています。
言葉に発せられる言語にも、文字に書き起こすその文字にも、時計の文字盤にも、看板の文字にも、波動が込められていることを意味しています。

波動には、その波動を表すシグナルも同時に存在しているので、このシグナルを受けた貴方は、嬉しくなったり、不愉快な気分になったりするという訳です。
また言葉に美しいトーンやメロディーを加えて表現すると、ミュージカルになります。

そもそも音楽の発祥は、宇宙とのコネクションをする為のツールが発端です。
つまり、神との対話に”音”を使って、音に”想い”を乗せて対話をしたのが音楽の始まりです。

ですから、貴方が好きな”トーン”を見つけてみましょうと、バシャールは話しています。
そのトーンが、貴方の波長と”同調”する音階であり、貴方の心を乗せて宇宙と対話してくれるからです。

つまり、ちょっと調子悪いな、気分を上げたいなという時に、このトーンにシンクロして瞑想しましょう。
すると、元の貴方に調律して戻してくれる、素晴らしい”特効薬”として活用できるようになります。

【 アップデートの道 】

バシャールは熊本地震のちょっと前に、日本で自然災害が起こるだろうというお話をしていました。

その災害によって、気持ちが”揺さぶられ”、新しいアイデアを掴むきっかけ、新しいテクノロジーが誕生するきっかけ、方向転換をするきっかけを掴むだろうと、話しています。
つまり、地震によるショック療法”で、地球規模で、人類に大きな精神的影響を与えるきっかけとなった出来事を意味しているのです。

そして、この機会をポジティブに活用してゆくか否かは、私達の手に委ねられています。
それと同じように、地球のどこかで起こる戦争に対してでも、犯罪に対してでも、隣近所の喧嘩に対しても、上司の嫌味に対しても、ペットの我儘(わがまま)に対していも、何に対しても貴方の波動に”アップデート”を加える要素が含まれています。

しかし、丁度良い要素を見つけるには、察知できるような設定でないと一向に受信することができません。
つまり、自分にとって、ベネフィットになる”エッセンス”だけを引っ張り出す作業をする必要があります。

それをするには、貴方の波動域がちょっとだけでも”上”にあることが条件です。
何故かというと、問題が転がる波動域に居ては、光を見つけることができないからです。
つまりは、良さやポジティブなエッセンスを見逃してしまうからです。

ですから、ちょっとだけでも波動を上げて、少し高い視点の山の上から眺める感じで探してみましょう。
貴方の想像力を、フルで使って行います。

ここで理解して欲しいことは、事実だから曲げられないと言う人がいますが、事実は人の数だけあると言われるように、捉え方一つで黒だと思っていたのに、白だったということだってあるのです。
ですから、貴方の気分が上がる“カタチ”で取り上げ、取り込んでゆきましょう。

例えば、電車に乗り遅れてしまった。
本来の自分だったら焦(あせ)ってイライラして、上司に何て言おうか理由を考えて、パニックになってしまう。
でも、今日は違った”カタチ”で捉えて、ちょっとでも自分にベネフィットがあるように考えてみよう。

こんな具合で、新しい波動の通る道を、どんどん想像力を使って作ってあげます。
そうやって、貴方に届く波動の道にアップデートを加えてあげ、貴方自身にもアップデートが加わってゆくという訳なのです。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional