gin7055



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ バシャールからのメッセージ ★本人の選択/続けること/統合体験/始まり/総取っ替え★ ..。o○☆*゚¨゚゚

February 28, 2017

新しい地球のスターシード達へ

【 本人の選択 】

私達は、アップデートされた新しい地球にやって来ています。
つまり、新しい世界観を体験することができる、新規の波動域に到達していることを意味しています。

もちろん、3次元密度の今までの波動を引き続き体験することもできますし、真新しい波動を掴んで、上へ上へと上昇することもできるのです。
それは、100%貴方本人の選択に託されていることを意味しています。

新しい波動域を体験するには、その波動を受け取れる波動域に貴方が存在する必要があります。
波動域が異なる人との会話は、一向に噛み合うことがないように、貴方のフォーカスが新しい波動域にマッチしない限りは、一向に新しい体験を受け取ることも体験することもできません。

多くの人達は、アセンションの波動の嵐が、一気に私達を持ち上げてくれるだろうと勘違いしている人がいますが、ここで理解して欲しいことは、私達には誰もが”自由の選択”があるということです。

コントラストの世界を自分の意思で泳ぎ切り、自分の力で光を見つけて、自分の力で波動の階段を上昇してゆくのであって、誰も貴方の波動”階段”を登ってくれる訳ではありません。
ですから、アセンションが起こる人もそうでない人も、当然、存在しており、また、アセンションの手助けを目的とする存在も居れば、アセンションのきっかけをもたらす為だけにやって来ている存在もいるのです。

しかし、バシャールの教えや高次的存在に耳を傾けるスターシード達は、アセンションを自分の手で是非体験したいという望みを持ってやって来ています。
ですから、貴方は貴方のパートをワクワクで勤め上げること、そして、”ありのまま”の自分をどんどん突き詰めてゆき、アセンションの波を自分の力で掴んでゆきましょう。

【 続けること 】

細かなディテールを考えれば考えるほど、波動スピードがどんどんアップしてゆきます。

ここで理解して欲しいことは、その思考がどちらの方向を向いているかという点です。
つまり、貴方の意識の矛先がポジティブなのか、それともネガティブなのかによって、スピードが加わる”側面”が決定してゆきます。

もちろん、理想を言えば、”抵抗波動”にタービンをつけないで、望みにのみ”細かな”ディテールを加えてゆくことです。
”細かな”ディテールを加えてゆくこととは、ピュアな波動にたくさんのタービンを加えることを意味しているので、自ずと物質化がスピーディーとなります。

とは言っても、多くの人達には望みをピュアに持っていることができません。
時間が経てば経つほど、疑いや疑問が生じてしまい、反対側の”望まない側”に、たくさんタービンをつけてしまいます。
まだ来ない、まだ来ない、と言ってはがっかりし、反対側にタービンをつけてはいけないと躍起になって、更にスピードがダウンしてしまうのです。

物事が始まったのに”実らない”のは、”望まない側”にタービンをたくさんつけていることにあります。
または、その”実らなかった”事柄をキッカケに、次のステップを編み出し、新しい方法で実らせていることも考えられます。

何(いず)れにせよ、諦めずに貴方の望みに100%シンクロすることが、大切となります。
つまり、望みに対する100%の純粋な想いを持ち続けることが、大切となります。

【 統合体験 】

貴方が大好きだと思うこと、それは大好きだと思う存在の波動に、貴方自身の波動が共鳴することにあります。
つまり、対象のトーンと自分のトーンが共鳴して、”統合”することを意味しています。

また同調して加わる人数が多ければ多いほど、統合する共鳴パワーも大きくなります。
そして、大勢の人達が共鳴している時、たとえ、貴方の同調トーンが外れてしまったとしても、直ぐに元の同調トーンに戻ることができるのは、それは大勢の共鳴パワーが、貴方をスッと波動の流れに乗せてくれることにあるからなのです。

バシャールをチャネリングし始めた初期の頃のダリルは、大勢の前でチャネリングする方がやり易いと話しています。

大好きなコンサートに出かけて、一体感を感じたり、野球やサッカーの応援でも、統合体験を体感することができます。
その時の貴方の意識の設定は、ワクワクで、”今ここ”をエンジョイすると設定されています。

しかし、逆に乗り気のない、楽しい気分でもない、聞きたくない歌を聴きにコンサート会場に行く貴方は、全く違うトーンに設定されているので、統合波動を体験することはありません。
それよりも、分離の波動を体験し、大勢に囲まれながらも、孤独感を体験することになります。
貴方が”同調”する対象のベクトル方向が、ポジティブであれば”統合”してゆきますが、ネガティブな場合は、”分離”を体験します。

しかし、ここで理解して欲しいことは、ネガティブでも、ちゃんと集いを設けることができるということです。
あれ、ネガティブなのに集えるということは、統合できるからポジティブなのかな?と思う人もいるでしょう。

”中身”はさておき、集まってみましょう、一緒にやりましょう、という発想自体はポジティブです。
だから、興味の対象にシンクロする人達が集まることができるという訳なのです。

【 始まり 】

私達は、長い間ずっと、非物質界にフォーカスする、もう一人の自分(ハイヤーマインド)の存在を無視して来ました。
過去に起こったデータを蓄えるデータバンクが、貴方の物質的脳ですが、この脳にハンドルを握らせて運行を任せてしまった結果が、今の物質界という訳なのです。

物質的脳に運行を任せてしまうと言うことは、宇宙エネルギーからやって来る発想やインスピレーションが、針の先のように微小になります。
ですから、結果的に波動が停滞した、”成長”の極めて遅い社会が形成されることになるという訳なのです。

非物質界にフォーカスするもう一人の貴方が、貴方の人生を創造する担当です。
よってハンドルはハイヤーマインドが握って、物質的脳にインスピレーションという”指示”を投げかけ、貴方はそのインスピレーションを行動に移してゆく、これが最も自然で最も負荷のないプロセスとなるのです。

そもそも、物質的の脳にハンドルを持たせてしまうと、迷走して時間がかかるだけでなく、体が早く疲れて体力が奪われてしまいます。
しかし、非物質界のもう一人の貴方(ハイヤーマインド)にハンドルを持たせると、貴方は疲れ知らずでエネルギーに満ち満ちてゆき、仕事の効率も最適となります。

3次元密度の世界は、物質的脳によって造られた世界だとすると、これからの新しい世界は、もとある非物質的存在であるハイヤーマインドにハンドルを握らせる世界となります。
つまり、心を軸にした世界の始まりとなります。

【 総取っ替え 】

物質的脳がハンドルを握ると、色んなことを難しく捉えるようになります。
何故ならば、簡単過ぎると不安にさせられてしまうこともあるし、そもそも、複雑=信用できる解決法という概念があるからなのです。

この概念は、貴方のハイヤーマインドの視点からやって来ている概念ではありません。
それと同じように、”痛みなくして、得るものなし”というコトワザがありますが、苦労しないと成功しないという発想もまた、物質的脳の視点で誕生しているのであって、ハイヤーマインドの視点からやって来ている概念ではありません。

物質的脳がハンドルを握るということは、エゴがメインに人生を運行することを意味しています。
よって、”分離”した貴方がハンドルを握るようになるので、限定的な小さな世界を形成することになります。

ここでの小さな世界とは、物質に囚われた世界観を意味しています。
私達が作り出して来た今までの社会システムは、とても複雑な割に、それをサポートする土台がスカスカです。

上に乗る新しい政策も、これでは安定するはずがありません。
安定しないから、他の物でサポートしようという発想になり、それが駄目ならこことあそこを応急処置しようという具合に、ゴテゴテと色んな要素をくっつけて、バランスを取ろうとして来たのです。
そして、もはや、上へ伸ばすことができない、小さな断片でも乗せようものなら、一瞬の内にガラガラと崩れ落ちてしまう、そんなアンバランス状態に陥って初めて、土台がスカスカだったことにフォーカスできるようになったという訳なのです。

今までの”プロセス”とは異なる方法で、異なる”観点”で、安定感のある土台に総取っ替えされてゆくでしょうと、バシャールは話しています。
つまり、機能しなシステムは衰退し、これからどんどん新しい観点からの新しい政策が、誕生してゆくようになります。

そして、社会システムに自分達を寄せていくという”今までの社会システム”よりも、私達に寄り沿ってくれる、そんな社会が形成されてゆくでしょうと、バシャールは話しています。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional