gin6902



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ ジェームス・レッドフィールドからのメッセージ ★「神秘的なシンクロ」に導かれる生き方へ★ ☆、。・-*-・゚`★

December 14, 2016

【 今「聖なる予言」の全貌が紐解かれる 】

ジェームス・レッドフィールドの「聖なる予言」が出版されて、20年以上の月日が経とうとしています。
「聖なる予言」は、シンクロニシティ(偶然の一致)という概念と、気づきを一般の人々に深く浸透させた本でもあります。

今、振り返ってみると、そこに書かれてあった一つ一つの知恵が、一つ残らず、「私達」の体験になって来ていることが分かります。
「私達」としたのは、それがまだ少数派の体験に過ぎず、全体としては、今なお気づきを深めている段階だからです。

「聖なる予言」でも言われていたように、過去と未来を往来する思考の世界から抜け出て、目覚めた意識で生き始めている人は確実に増えて来ています。
世界は、変わって来ています。

出版から20数年の歳月を経て、今この時期に、「聖なる予言」を読み返してみるのもいいかなと思います。

【 正直に生きることで導かれる「神秘的なシンクロ」 】

「第12の知恵」は、「決意の時」という副題がついています。
今回取り上げた動画では、「何を決意するのか」、そのことに関して作者であるジェームスが端的に語っているものです。

https://youtu.be/u4dHKWaakyI

iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/u4dHKWaakyI" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

決意しなければならないことは、至ってシンプルです。

今まで、誰の意見を信じ込んで、それを基準にして生きて来たのかを見直して、「自分に正直に語り、人に正直に語って生きていくこと。
リスクをも厭(いと)わず、シンクロが語りかけて来ることを素直に聞いて、その導きどおりに生き始めること」です。

抽象的なスピリチュアルな知識や理解を、日々の暮らしの中で、日常の関係性の中でどう活かして、実際に生きていくか……これが、これからの私達の課題であり、表現であり、宇宙の成し遂げたい統合の具現化なのだと思います。

愛と感謝を込めて with Vast Stillness

※「聖なる予言」シリーズに書かれてある12の智恵を、第1の知恵から順番に纏(まと)めたものを、下記に転記しておきます。

【 「12の知恵」のまとめ 】

★ 第1の知恵:変化の兆し(学び:共時性の流れを維持すること)

新しい霊的な目覚めが、今、人間の文明に起こり始めている。
この目覚めは、自分の人生は霊的に紐解かれていくものであり、多くの不思議な偶然の一致に導かれていると体験した人々が、一定数に達することによってもたらされる。

★ 第2の知恵:今という時(学び:意識的な会話をすること)

過去500年間続いた、物質主義と科学万能主義に代わって、新しい、より完全な世界観が生まれようとしている。
私達は、地球上での人間生活の真の目的と、宇宙の真実の姿に目覚めていく。

★ 第3の知恵:エネルギー(学び:真実の法則と繋がること)

私達は物質的な宇宙ではなく、常に動いているエネルギーからなる世界に住んでいる。
存在するものは全て、聖なるエネルギーの場であり、私達は自分の欲する方向へ注意を向けることによって、自分のエネルギーをその方向へと放射し、他のエネルギー体に影響を与えることができる。

★ 第4の知恵:権力闘争(学び:宗教やイデオロギーに捉われないこと)

ほとんどの人々は、聖なるエネルギーの源から切り離されており、その為に、無力感と不安を感じている。
エネルギーを得る為に、私達は色々な手段で他人の注意を自分に引きつけて、その人からエネルギーを盗もうとする。
盗まれた人は力を失ったように感じ、それを取り戻す為に戦いをいどんで来る。
これこそが、人間の全ての争いの原因である。

★ 第5の知恵:神秘体験(学び:次元を超えた世界を体験すること)

私達は自分の内なる神のエネルギーと繋がった時、全てと一つになった神秘的な体験をする。
体が軽くなり、愛に溢れた感覚が、神秘体験には伴う。

★ 第6の知恵:過去の清算(学び:神との繋がりを体験し、使命を発見すること)

裡(うち)なる神と繋がっていない時、私達はストレスを感じ、他の人々からエネルギーを盗もうとする。
そのやり方には、その人特有の方法がある。
自分が無意識に行っているエネルギーの盗み方に気がつくと、内なる神との繋がりが更に強まり、私達はより霊的に成長し、自らの使命を知ることができる。

★ 第7の知恵:流れに乗る(学び:宇宙と同調することによって、神の導きを得ること)

自分の使命を知ることによって、偶然の一致の流れが早まっていく。
夢、百日夢、直感が、私達を更に先へと導いていくようになる。

★ 第8の知恵:人との新しい関わり方(学び:ワンネス全ては繋がっているということ)

全ての人々の中に美しさを見ることによって、私達はその人々を神聖なる自己に高めさせ、その人々から、私達がその時に必要なメッセージをもらうことができる。
親子、家族、友人など、愛のエネルギーを与え合うことが非常に大切である。

★ 第9の知恵:新しい文化(学び:アガペの愛を知ること)

私達が霊的に進化成長するに従って、生産技術は自動化され、私達は自己を成長させることへと人生の焦点を移していく。
このような成長は、私達をより高いエネルギーレベルへと高め、究極的には私達の体を霊体へと変容させる。

★ 第10の知恵:ヴィジョンを保つ(学び:死後の世界と繋がること)

霊的な成長を続ける為には、自分が何を成し遂げようと思って生まれて来たのか、つまり、バースヴィジョンを思い出す必要がある。
また、人類全体がどのような社会に向かっているのか、その本体のヴィジョン(世界ヴィジョン)を知り、それを心の中にしっかりと思い描いて、保ち続けることが大切である。

★ 第11の知恵:ヴィジョンの保ち方の正しいやり方(学び:影響力を使って、世界を変えること)

古来、何世紀にも亘(わた)って、色々な宗教の経典や詩、哲学などが、私達の中には見えない心の力があり、それが未来に対して影響を与えていくと指摘している。
それらは、信じる力、積極思考、祈りの力、思いの力などという呼び方をされている。
私達は、今こそ、この力を真剣に捉えて、このことを多くの人々と分かち合い、実践していくことが大切だ。
祈りの力は意志の場となって、私達から流れ出て、強められ、世界を変えていく。
特に多くの人々が共通のヴィジョンを共有した時、思いは実現し易くなる。
私達は、今、この力を通して、自分の中のエネルギーを高め、素晴らしい現実に向かってゆかなければならない。

★ 第12の知恵:学びのまとめ~スピリチュアリティを生きる(学び:自分の中に、実体としての神の存在を感じること)

これは単なる理屈や理論ではなく、あらゆる文化、宗教を超えて誰もが発見し、そのように生きることができる新しい生き方である。
神の存在を自分の内に保ち、常に注意を怠らずにいれば、人々に尽くす為に必要な方法と、世界をもっと良い場所にする為の方法は常に与えられる。

ジェームス・レッドフィールド 「第12の予言」(決意の時)から抜粋

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional