gin5528



画像の説明

【 ★彡注目 】☆★☆ コズミック・アウエアネスからのメッセージ ★ウエーブ X★ *:..。o○☆*゚¨゚゚

September 20, 2015

今日は、2015年9月20日です。
バーリングホフは、コズミック・アウエアネスの声であり、カスティージャはエネルギーを与え、質問をする者なのでしょうか?

ようこそ、コズミック・アウエアネスさん。

これから先の週は、地球の人間にとって非常に重要になるはずです。
今日はこれから先のことに備えられるように、いくつかのことについて、お話をして欲しいと思います。

ありがとうございます。
これから起きることは、長い間進行して来たことです。

私、コズミック・アウエアネスは詳細についてはお話をしませんが、非常に深く関係することに焦点を当てようと思います。
これは、数ヶ月に亘(わた)って進行中の多くの人が気づいている、”ウエーブX”と呼ばれるイベントであるということから始めましょう。

ウエーブXは、私が聖なる意識と呼ぶ、より高い意識のエネルギーを内に秘めています。
それは、この惑星である惑星地球、ガイアに近づいて来ていて、意識変化、選ばれた僅(わず)かな数の地球外生命体とその追従者が、非常に長い間この惑星上で維持して来た絆の断ち切りを目的としています。

権力の座にある者は、このことを知っていて、この”ウエーブ”を退けようとする、特にCERNという、この”ウエーブ”を分割し、この”ウエーブ”を逸(そ)らせようとする、ハドロン衝突機を点火しようとの試みをしようとしました。
この試みは、失敗しました。

それ故に、権力の座にある者達は、別の行動を取らなければならなくなっています。
この行動は、非常に長い間実行努力が続けられていた新世界秩序(NWO)の創造に向かうものです。
それは、人間にとって恩恵をもたらすと言われている企(たくら)みを発表する為に、国連として知られている権威を通じて行われる試みのことです。

この企(たくら)みは、”アジェンダ2030”のような表題で知られています。
この時期に、国連総会で演説をしようと法王も到着します。

実に彼の演説は、人間が力を集約して、恵まれていない貧困に喘ぐ人達、最大のニーズを抱える人達を支援し、助けることを目的とするものです。
彼はもちろん、これに向けての、人間の責任感を掻き立てようとする偉大なスピリチュアルリーダーとして見られています。

この演説は9月23日に行われるでしょうし、それに引き続いて、国連総会で行動プランを創り出す為に、国連のメンバー国家に行動プランが提示されようとしています。
今でもないことですが、この行動プラン、この企(たくら)みは既に書き上げられていて、一見一緒になって、最大のニーズを持つ人達、環境と環境維持を支援し、助ける必要に焦点を当てた大きい意味を持つ文書であるように思われるかも知れませんが、その真の目的は全く異なっています。
それは、最終的な一般の者への、NWOの真の目的の告知です。

この惑星と人間をこの点にまで引っ張って行く為に、非常に長い間勤勉に働いて来た多くの者にとっては、最終的には、これを公にしなければなりませんでしたが、これがそれなのです。
これが、この新たな”アジェンダ2030”の意図と目的なのです。

この全てが、今週、明らかにされます。
これは、人間のマインド、注意、及び信念を間違った方向に導こうとするものです。

多くの人の意識を高める”ウエーブ”を逸(そ)らせることができないとしたら、少なくとも彼等の希望、意図、彼等のプランは、いつものように、彼等がいつもそうして来たように、人々のマインドを掴み、逸(そ)らせ、間違った方向に導くことなのです。

今週のエネルギーは極めて極度であり、エネルギーに敏感な人達にとって、特に9月27日にこの聖なる意識の波が世界、惑星自体を包み込む週は、挑戦的な週だと思われるでしょう。
今週は熟考の週であり、NWO、世界の統一統治、世界統一政府というプランを提示する者の言い分を深く聞く時です。
今週が他の週とは全く異なり、その力が善の為に向けられるのか、それとも悪の為に向けられるのかは、これを人がどのように見るか、どのように行動し、反応するか、人が何を信じるか次第なのです。

私、コズミック・アウエアネスは、この時点で、この特異なイベントは実にほとんどここまで来ていることを、全ての人に意識して欲しいと思います。
権力の座にあるもの、絶望の真っ只中にいる者は、多くの企(たくら)みを実行に移すでしょう。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional