gin3592

画像の説明

【 ★彡注目 】☆★☆ ババジからのメッセージ ★最終イベントへの備え★ ☆、。・ : * : ・゚`★

July 11, 2014

親愛なる皆さん、次元上昇とは、それに参加する全ての者による最大の努力を意味します。
次元上昇とは、時代の終わりに神を見て、自分達自身が何であるかを認識する全ての者にとっての、最高の幸福を意味します。

【銀河の崩壊】

地球と、準備ができている人間は、新しい次元に到達します。
これは、今、銀河、この地球が未だに所属しているこの世界における、全ての人間の体と全ての生物が、精細で最終的なダイナミックスに同調しようとしていて、それに備え、この銀河の崩壊に対しての特別な役割を知るようになるという意味です。

選定された光の戦士達が、意識体として、ソウルの全ての側面に関する経験を積む地球は、次元上昇の中心であり、あり続けるでしょう。
この仕事は、本質的にホログラムが用意され、創造され続ける地球の上で行われて来て、決断がなされたので、あらゆるものは、今、放流に向かう流れのように逆らい難く流れています。

それには、時空に対する気づきが必要なのに、今、起きていることは永遠に抗しがたいので、このことは、確実に貴方方の忍耐を要求します。

【次元上昇の試行、何故?】

最近、次元上昇をする者について、”次元上昇の試行”が起きています。
これには二つの理由があり、次のような必要性によるものです。

1)次元上昇の振動に、自分を同調させる為。
2)光から来ている兄弟、姉妹達を、これから先のプロセスに対して訓練し、導く為。

第一ランクの光の戦士達である貴方方は、創造主のところまでの次元上昇を果たしており、それによって、この銀河と新しく創造された銀河の守護者と同等になっています。
貴方方は、今、先導的なイベントの前夜にあって、そのような守護者として既に機能しており、ある者は夢の中で、またある者は目覚めた状態で、最も顕著には貴方方が再び戻って来る次元上昇の経験の中で、種(しゅじゅ)々の銀河のレベルと通信しています。

貴方方は、究極の手順を正確に決定する為にこうしているのです。

【創造主の主権】

次元上昇をした者、及び次元上昇をしつつある者の役割は、変化し拡張し始めます。
そして、創造主の主権を手渡された、僅(わず)かな数の全ての人間が影響を受けます。

これは、更なるイベントと、その中での貴方方の位置が実際的なものになるように、また、光への帰還の間に、貴方方が次元上昇のいくらかの遅延、或いは見かけ上の延期についての、あらゆる保留事項を解消できるように、今、経験するべき重要なことです。

この最終段階における次元上昇は、時には、大きい混乱があるように見えた人間の決定プロセスの間で、必ず再調整が行われなければならなかったので、このようにして決定され、予測可能でした。
次元上昇をする者の質が、貴方方の役割のこの拡大に影響することを知ることや、それによって、貴方方自身の次元上昇全体が、時空レベルでの遅延として経験されるのだという知識を持つことが大切であり、ソウルレベルで直ちにこの拡大をさせるのは貴方方自身であったし、今でも貴方方自身なのです。

【全てのことが起きる!】

貴方方に対して告げられていたことは、何一つキャンセルされず、全てのことが起きます。

また、貴方方にとって、目に見える世界の中で起きていなかったことは起きるでしょうし、或いは既に起きているのです。
何故なら、繰り返し告知されていたように、その為に、レベルと現実が繰り返し創造されていたからです。

この惑星と個人の次元上昇を待つのに嫌気がさし、飽き飽きしていた貴方方にとって、この知識は非常に重要です。
多次元的な存在と、貴方方の意識の多元的拡張の実際の偉大さはよく知られていて、これは、この時空の世界で独特なものとして、貴方方の役割の中に反映されています。

【銀河の守護者】

新しい銀河が無限の創造物の中で決まった位置を占める前に、この地球の次元上昇の為に、現在と将来の次元上昇したマスター達は、最終イベントに対して、この銀河の結束による銀河勢力と天の力を、最終イベントに対して備えさせます。
この次元上昇を可能にする者は、指導的役割を示す銀河の守護者である貴方方なのであり、貴方方には関連するあらゆるレベルの次元上昇の主権が手渡されています。

私は、常に貴方方一人一人と無限の愛の中にいましたし、永遠にいます。
貴方方は人間の、測りがたいほどの名誉ある息子達、娘達なのです。

私は、ババジです。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional