gin3416

画像の説明

☆★☆ ZAPレポート ★危うく悪者の悪行が公表されるところだった★ ☆、。・:*:・゚`★

June 1, 2014

随分以前に、中国のファミリーは、世界経済を新しく出発させ、負債から解放してバランスを取り直す為に、世界通貨改革を計画した。
彼等は、司法権を持つ米国などの世界の機関を、このミッションを遂行させる為の署名者に指名した。

2014年5月30日(金曜日)に、署名者、米国、IMF、その他の間の契約義務を果たす為に午後12時が期限に定められ、関係パーティーに示された。
これらのパーティーは、遅延を引き延ばし続け、約束を守らなかったので、12時05分に署名者はサポートを取り下げ、下記のような新聞発表を行った。

—————————————————————————————

《 新聞発表:》

「2014年5月30日、世界通貨改革の支持者は、政治的なつまらない口論を止めることにした。
つまり、世界中の金塊からの数兆ドルに相当する金塊を、世界通貨、及び新しい世界的銀行システムの裏づけとする、との契約の署名者はこの金塊を供与しないことにした。

米国財務省とIMF理事長のクリスティン・ラガルデ、オバマ大統領、米国議会の何人かのキーパースン、米国財務省長官ジャック・リュー、及び世銀による契約不履行は、この金塊の不供与に油を差した。
署名者によって供与される金塊は、TRNとして知られる新しい米国財務省紙幣の裏づけともなるものである。

主として中央銀行の間で使用される新TRNは、金の裏づけがある為に、世界経済を安定化させ、米国の負債危機を解決し、負債免除、このプロセスに関係する者達による、世界通貨改革として知られる世界の通貨の標準化、評価換えの基礎になるものである。

この金塊は、米国財務省に今週送られる予定だったが、署名者は今日、この処置を米国ではなく中国に移し、既に印刷と世界中の中央銀行への配布が完了しているTRNの揺らぎを効果的に放置することにした。
署名者の金塊がTRNの裏づけにならないとしたら、TRNは価値を失う。

23行の中央銀行は、米国政府、IMFの署名者との意思疎通の失敗による署名者の苛立ちを支援し、契約への未署名が多くの中央銀行に行き場を失わせている。

本署名者は、これらの個人、政府、組織が自分の政治的、金融的目論みだけを尊重し、新しい世界金融システムにおける立場を確保しようとし、彼等の力の範囲だけではなく、米国と世界の市民をモラル的に保護し、奉仕する為の義務の履行を怠った。

本署名者は何ら政治的な目論みを持たず、世界の銀行システムにバランス、正義、安定性を取り戻させることだけを考えている。
本署名者は、愛国心溢れる米国市民として、この取引を米国の土の上で行いたいと強く願ったが、これらの者達に選択の余地を奪われてしまった。

IMF、米国財務省、及びその他の自分の利益の為に行動する者によって流布された偽情報に耳を傾けると、彼等は更なる遅延を画策し、世界経済の回復を阻止しようとしていることが分かる。」

—————————————————————————————

関係パーティーは、直ぐに真実が判明して、これが脅しではないことに気がついた。
代替案が実行され、切り替えが行われることになりそうだった。

代替案の中の一つ項目は、権力の座にある者が行った暴虐に関する情報パッケージの流出である。
この代替案は、米国の大衆、及び世界の人々に対して、悪行を行った者の氏名、場所、イベント、責任が詳細に亘って公表するというものだった。

この情報と証拠が一般に公表されると、この行為を犯した者の告発と逮捕を始める手続きが取られることになる。
もちろん、米国や他の国の市民は、犯された行為に対して大きい憤りを感じるであろう。

このような憤りは、戒厳令のような対策に繋がり、国境の閉鎖という事態になりかねない。
権力の座にある者は、自分達の立場の維持の為にあらゆる手段を講じるだろう。

しかし、米国の軍隊は建国当初の憲法の保護に責任をもっており、真に愛国的である。

雑音が入ったように思われ、ファミリーも脅すつもりはなかったので、ことは穏やかに納まり、米国は、通貨の裏づけがないことによって文字通り一夜にして三流国家に陥る選択を止め、交渉のテーブルに戻り、物事を軌道に戻すよう希望した。
これが、現状に繋がっている。

全てがうまく行けば、TRNは金の裏づけを持つようになる。

さて、問題は、USDがTRNと交換できるかどうかである。
交換ではなく、TRNによって裏づけされる。

10万ドル紙幣は印刷されたが、銀行間の取引にのみ用いられていることを思い出して欲しい。
TRNも、同様な使い方になる。
SDRも同じである。

RVは進行中で、先週水曜日に実行に移され、私的交換が行われている。
一般への公開がいつになるかは分からないが、間近であるには違いない。

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional