gin3075

画像の説明

【 彡注目 】☆★☆ セント・ジャーメインからのメッセージ ★変化に備える★☆、。・:*:・゚`★

March 12, 2014

画像の説明

《 セント・ジャーメイン(サン・ジェルマン、サナカ・クマラ) 銀河評議会惑星地球代表評議員・新しい地球の主 セント・ジャーメインは 今後 この姿で現れることを宣言されています 》

こんにちは!
私は、2014年3月12日のエリザベス・トラットウィン経由のサンジェルマン。

地球は宇宙の建造者達によって、既に新しい時系列上に置かれています。
その建造者の多くは、この任務を完了する為に遠い未来から帰って来た、飛躍の実現者達です。
新しい一つの時系列の目的は、地球の次元上昇の妨げになっている古い時系列由来の物事を解消することです。

2014年2月中旬に新たな時系列に入って以降、皆さんの年齢の反転の為に、銀河連邦の数々の宇宙船からの取り込みを受け取ることが可能です。
数多くの皆さんがこれを経験しながら、それが、次元上昇の症状であることを感じているところです。
これは、真実であり、そして、また、それは、皆さんの細胞の内部で年齢の反転を引き起こしているところだということを、認識して下さい。

また皆さんは、今、皆さんのDNAの核酸の鋳型の中の上敷きを受け取ることができます。
こうした核酸の鋳型は、更に高い数々の領域の中の皆さんによって選ばれ、そして、それは、皆さんが今まで待ち続けて来たものです。

その核酸の鋳型の上敷きは完璧な知識であり、そして、今後、根源から皆さんの更に高い自己に授けられた知識を受け取ることを可能にします。
たとえ皆さんが気づかなくても、皆さんは知識を保有します。

皆さんは、それを好きなように利用することができますが、皆さんは求めることが必要です!
皆さんの指導霊達は、皆さんを支援する為に待機しています。
早い時期に、彼らに頻繁に呼び掛けて下さい。

私達は、地上の神聖なる統治機構を導入する過程の中にいます。
こうしたものは、数々の世界の銀河間連邦の内部で、力強く成長する地球が追随する時の7つの指針です。
ネサラ法が記述されたのは、こうした7つの指針を受けたからです。

1)地球の次元上昇の為の各評議会は、今後、定期的にそして、頻繁に結集する。

2)地球の次元上昇の為の各評議会は、今後、満場一致で結集し、その数々の義務と共に、一体性の意識の中で、満場一致で前進する。

3)地球の次元上昇の為の各評議会は、今後、ネサラ法を含めた数々の普遍的な法則に従い、その普遍的な法則の中で制定されなかった新たな法律を創り出さない。

4)地球の次元上昇の為の各評議会は、今後、長老達を尊重し、崇拝し、敬愛し、そして、耳を傾ける価値があると考える。

5)地球の次元上昇の為の各評議会は、彼らの女性や少女達が、その意志に反して(彼らと共に)居住することを強制及び強要しない。

6)地球の次元上昇の為の各評議会は、その銀河の仲間達によって建造された数々の古代の神殿を高く評価して、以前は与えられ、以前は供され、今後は無視される、当然、視されている生贄を絶対に許さない。

7)地球の次元上昇の為の各評議会は、未来の尊敬すべき人々がその領域に入ることができ、そして、既に尊敬すべき人々に入っている人々が、その領域の中で心地良く生きることができるように、今まで法律の範囲内の尊敬すべき人々の保護、安全、そして、警護に関して良く準備を整えて来ました。日付はなく、核はなく、偶然もなく。

個人達が、穏やかさに溢れる地球上で力強く成長する為に従うことができる、更に進んだ7つの指針があります。

1)長老達を尊重し、崇敬し、崇拝し、そして、彼らを、耳を傾ける価値があり、長続きする人、長期間不在だった人々であり、その地域社会の母や父達であり、その地域社会の指導者達と考える。

2)個人は、食事、性、化学物質、賭博、自我の考え、睡眠、数々の義務の無視のような、継続する在り方の為に既に高まっている渇望の影響力の配下に陥らないように、今後、精神を鍛錬する。

3)個人は、今後、森林での居住を願い、謙虚に探索され、静かな場所の中で集められた真実を探し求めながら、母なる地球と一つに留まる。

4)未来に、行儀が良い個人の仲間の同僚達が遥か遠くの場所から現れて、個人達の間で心地良く生きることができるように、個人は、今後、個人的に慎重な方法に関心を向ける。

5)働くことに未練を持たず、仕事の中の喜び、仕事の中の楽しみに夢中にならず、働くことに執着せず、しかし、むしろ、今、必要な仕事を行う。

6)話しをすることに未練を持たず、会話の中の喜び、会話の中の楽しみに夢中にならず、寡黙でいる価値を理解する。

7)険悪な数々の望みや、不道徳な友達を持たない。

上に掲載された一つの穏やかな惑星と地球上で生きている個人の責任の為の指針は、この時期の間、侵害されて来たものです。
そのせいで、新しい周期の中で神聖なる統治機構と共に、それは、それと共に一つの条件の平等をもたらします。

これは、ネサラ法の施行を通して強要されます。
ネサラ法の内部には、神聖なる統治機構に要求される一つの普遍的な法則である冷静さの為に考案された、本当に数多くの対策があります。
それは、決して貨幣を目的にしていませんでした。

地上の豊かさは、今ではこのように共有され、そして、それは、その解決策の一部です。

数々の逮捕。
数々の告知。
ネサラ法の制定。

これは、今までいつも、完全な銀河の開示と、ネサラ法の制定に繋がる一連の出来事になって来たものです。
13年の一つの進路全体で確認されるこうした出来事は、肉眼では無関係のように見えます。

基本計画は、911の朝以降、今まで作動して来たことを認識して下さい。
2001年の9月11日は、ネサラ法が一般に告知される予定でした。

この大衆心理の攻撃が、その告知を奪いました。
その瞬間が戻るまでに、13年かかりました。

それに費やした時間がどれほどの長さかを分析する時、911が、説明されなければならない、人類に対する戦争犯罪を追加したことを理解して下さい。
これは、地上の終りの時間に関係があります。

カーリーの時代の終りに時間が終わる時、二元性が終わります。
二元性が終わる時、原因と結果、カルマが終わります。
カルマは終わらなければならないという理由から、911の新しく、そして、一層酷くなるカルマは対処されることが必要でした。

闇の秘密結社は、彼らが告知を永遠に延期することができるという妄想の下で、生き続けて来ました。
そして、彼らはそれ以降、それを毎日試みて来ました。

一つの核戦争が、再びそれを延期するということになります。
そして、それは、起ることはないでしょう。

これは、惑星上と惑星外で繰り広げられた一つの戦闘になっていました。
そして、その時間の終りが今です。

考えるべき多少の物事があります。
ビル・クリントンが告知の大統領になる為に、ローレンス・ロックフェラー、ビル・クリントン、ヒラリー・クリントン、レオン・パネッタ、そして、ジョン・ポデスタを含めた1993年の間のロックフェラー構想が、所定の位置に設定されました。
それに続いて、ビルとヒラリーとそのスタッフを含むクリントン政権は、他の大統領が今まで経験したことのない一つの方法で攻撃されました。

ローレンス・ロックフェラーは、ビル・クリントンの実の父です。
ヒラリーはロスチャイルド家の一人であり、一人の愛人を通したヒトラーの孫娘です。

闇の秘密結社は、彼らの結婚のお膳立てはしませんでした。
まさにその為、彼らは数多くの人々への彼らの支配を終わらせることができました。

闇の秘密結社は、ジョン・F・ケネディが告知の大統領になろうとした時に、先ず、大統領ジョン・F・ケネディー(実際は彼のクローン)を暗殺しました。
ビル・クリントンは、充分に驚異を感じました。

1998年の攻撃から何年も後に、第42代大統領のビル・クリントンは、下院によって2つの容疑で弾劾されました。
一つは偽証罪、そして、一つが司法妨害です。

この時、大統領クリントンは、彼の生命そのものと彼の家族の生命を怖れて、告知の大統領としての役割から身を引きました。
ビル・クリントンは、1999年にこうした問責が無罪になり、彼が2000年10月10日に退任する前に、国家経済安全保障と改革法令の法制化へ向けた署名に取り掛かりました。
退任の後、上下両院によって、その法案は通されました。

ネサラ法は、それが、実施されることを目的として、それが、一般的に告知されなければならないと宣言しました。
これは、2001年9月11日に起る予定でした。

それが、911の真実と完全な銀河の開示が連動する理由です。
これが、これほど長い時間を必要とした理由の一つです。

ネサラは、公然と制定され必要があるものですが、しかし、その一方で、ネサラ法が制定される時に、簡単な前進を可能にする為に必要な特定の数々の活動が完了するように、ネサラ法の範囲内でその活動が実施されて来ました。

別の物事。こと
私達は、クリントンがネサラを法制化した2000年10月以降、アメリカ共和国の内側にいます。
最終的な制定の前に、数々の物事の段階を踏む必要があります。

最初の一歩としての、逮捕。
逮捕、告知。
ネサラ法の制定。

これは、ハーグで数々の裁判と起訴が起って来たように、2009年から継続していることです。
こうしたことは、書類の形で提示されて来ましたが、しかし、報道媒体はそれを無視し、それを軽視します。

2003年の10月の中の地球規模の決済資金の間、当時の古い大国の経済は、その日に最終的にネサラ法の内側に向かいました。
大統領オバマが選出された直後、主要な数々の逮捕が始まりました。
既に無数の犯罪者達が逮捕され、刑務所の宇宙船に乗せられていて、今もそこで拘束されています。

フィッツジェラルド裁判所、フランクリン裁判所、世界法廷裁判所、イスラエルでのクアラルンプール裁判所は、全て今まで具体的にこうした逮捕に取り組んで来ました。
裁判にかけられて来た人々は、既に起訴され、有罪が宣告されています。
そして、彼らは、ネサラ法に従って、ハーグの中で穏やかに処刑されることになるでしょう。

この仕事は、法の制定が可能になる前に完了していることが必要になります。
それが、これほど長い時間を要した理由です。

私達は、2008年11月41日以降、進行中です。
バラク・オバマは、告知の大統領です。
その基本計画は、最後まで実行されているところです。

ジョン・ポデスタがホワイトハウスに戻り、告知の大統領としての大統領オバマと共に彼の役割を果たします。
その出来事へと高まる数々の出来事の正確な連続を受けて、大規模な逮捕案件があり、そして、こうした逮捕が4月に実行されることになるでしょう。
そして、私達は、他の大きな数々の変化を確認することになるでしょう。

大規模な逮捕が、内部から告知に通じる母体の支援を始動させることになるでしょう。
目覚めて自覚している光の活動家達が局面を優位に変えて、大統領オバマがその指揮台まで荘重に歩むことを許す際の一つの主要な役割を果たす為に、招聘されることになるでしょう。

更に、多くの情報が現れようとしています。
この問題に、引き続き注目して下さい。

私は、エリザベス・トラットウィン経由のセント・ジャーメイン

HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional